FC2ブログ

Music life

sarapiano 音楽を通して心豊かに生きる

  1. 演奏会・コンサート
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

リサイタルプログラム

いよいよ今週末に迫った吉永哲道先生ピアノリサイタル お席はおかげさまで満席になっていますm(__)m

翌日の公開レッスン枠もうまっています。

こちらは若干名聴衆参加は可能です。ロシアピアニズムにご興味のあるかたには良い機会です。

以下プログラムです


[前半] J.ブラームス: インテルメッツォ 変ホ長調 op.117-1 インテルメッツォ イ長調 op.118-2 L.v.ベートーヴェン: ピアノソナタ第17番「テンペスト」op.31-2

[後半] M.グリンカ: ノクターン「別れ」 M.ムソルグスキー: 展覧会の絵






  1. 旅・テーマパーク
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

名鉄1700系 廃車回送

仕事へ向かう途中にいつもと違う道を何故か通ってみようと思い通ったところに人だかりが。

線路沿い、踏切があり、こ、これはもしかしてと… なんと去年から鉄道ファンの間で話題となっていた名鉄1700系の廃車回送が行われていた。

朝から陣取ってカメラをかまえる鉄道マニアの人だかりでした。

鉄道好きな長男から1700系の事をよく聞いていたので、これはちょうどいいところへ遭遇したので写真でも撮っておいたら喜ぶと思い近付いたが人だかりが多く場所を変えることに。

車に乗り込んでウロウロしてたら1700系の移動している踏切りに遭遇。
車停めて撮影に成功しました。ほんとに運がいい。





帰って息子に見せたら喜んでいて満足したようでしたが、翌日休みだったので電車に乗って再び現場へ行く事に。
港区の築港線と言う一駅しかない単線の路線の先に廃車スペースがあり、マグロの解体ショーのごとく壊されていく車体が披露されていました。








これも名鉄ならではのファンサービスなんでしょうか⁈

既存車両との細かな違いはよくわからないけれど、わかる息子は感慨深げに見つめていました。
鉄道マニアには独特な視点と言うか世界観があるなぁと感じます。

ピアノ好きな調律師がピアノの細かな違いで興奮するようなもんでしょうね笑

ようは違いを見つけたりレアなものに出会うとテンションが上がるわけで、今の均質性が求められる時代にあって個性を求める心と言うのは自然な素直な気持ちなのかなと。

名鉄には個性的な車両作りを頑張って続けて欲しいなと思います!







  1. 何か動画
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ノクターン9-2

先日の関野直樹先生のリサイタル動画がアップされました。

昭和文化小劇場での演奏、ショパンノクターン9-2、あの有名なノクターンです♩

https://youtu.be/6DVtgF3NTGg



  1. 演奏会・コンサート
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ヴァイオリンとピアノの発表会

ヴァイオリンとピアノの発表会が春日井のFantasie-Impromptuにて行われました。

プロヴァイオリン奏者とアマチュアピアノ弾きでの初めての試み。



どうなることやらと思いましたが、本番までに合わせ練習を重ねて実現にこぎつけました。

お付き合いいただいた福田先生には感謝感謝m(__)m
なかなかできない貴重な経験となりました。

グノーのアヴェマリア、モーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルプス、シューベルトのアヴェマリア、のっけから事故って焦り、その後もところどころこけながらもなんとか弾ききりました。

衣装もしっかりとしたものでいきましょうとの指令がありいろいろ引っ張り出しては突貫で仕立て上げました。

いつものピアノソロの舞台は慣れてきてるけど、プロとのアンサンブルとなると先生に恥をかかせてはいけないとプレッシャーが半端なく久々にガチガチに緊張してしまいました。

しかしほんとうに綺麗な音色で伴奏しながらもうっとり、気分良く曲に入りこめて弾く事ができました。
歌う事に集中したら緊張しないですとのお言葉をリハでいただき心強かったですし、まさにそれは大事な事だなと思います。
ただ無難に発表するのでなく音楽をすると言う本来の目的を忘れずに弾く事が大事な事だと改めて認識させられました。

ピアノソロの部門のみなさんも熱演ばかりで聴き応えありました。みんな凄い!刺激を受けました。

企画や準備等大変だったかと思いますが素敵な会をありがとうございました!






  1. 告知板
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ヴァイオリンリサイタル告知


ヴァイオリンリサイタルのご案内です♩

オールバッハプログラム


角田育代 ヴァイオリンリサイタル

ピアノ石原明子

2021.3.28(日)
14:00開演(13:30開場)
全席自由 3500円

会場 Fantasie-Impromptu
春日井市如意申町4-31-15
 
プログラム

J.S.Bach

シャコンヌ BWV1004
ヴァイオリンソナタホ長調 BWV1016
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番
ホ長調 BWV1006
ヴァイオリンソナタ第4番ハ短調 BWV1017

プロフィール
武蔵野音楽大学音楽学部卒業。ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院留学。第16回むさしの会・第5回中部読売新人演奏会出演。1986年、ザルツブルグにてリサイタル。帰国後1986年、90、93年名古屋にてリサイタル。1989年、91年、名古屋シティ管弦楽団とモーツァルトヴァイオリン協奏曲を共演。1995年、ドイツ、オーストラリア各地で演奏。1996年名古屋にてヴラディスラフ・コバルスキー氏とデュオリサイタル。2002年9月名古屋にて斉藤葉子氏と共にDUX社によるCDリリース記念コンサート。2004年3月台湾の台北市の高齢者施設によるチャリティコンサートに対し感謝状を贈呈される。2010、1月アメリカ、2月メキシコ、3月台湾にて演奏旅行。現在、名古屋演奏家ソサエティー、芸術協会会員。アンサンブル・フィオーリメンバー。斉藤葉子氏と共に障害者支援チャリティコンサートを1999年より現在まで継続して実施。




<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Masayuki Saraie

Author:Masayuki Saraie
SARA PIANO

珈琲とピアノと猫をこよなく愛する

ピアノ調律師 更家雅之


楽器が求め、演奏者が求めるベストな状態へ

音の職人、更家雅之の日記や想い

ピアノや音楽、日常を通して出会う人たちとの 交流から日々考えさせられ思ったことを、日記を中心に更新中。


音楽はどんなジャンルでも大好きで聴くこと演奏することが趣味

音楽と歩んできた人生、辛い時、楽しい時、そばにはいつも音楽がありました。音楽によって救われた時期も。

そしてピアノを弾くと心が落ち着きます。

近年、調律や音楽が心に及ぼす影響を研究中。

音楽は心の世界への扉 、そして心そのもの。


ピアノ、音楽を通してこの時代に”心豊かに生きる”を実践しています。

>>ホームページ

オーダー

ピアノ調律修理依頼


メールフォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

閲覧者カウンター

現在の閲覧者数:

twitter

MY PAGE