FC2ブログ

Facebook Page

スポンサードリンク

Home演奏会・コンサート>2台ピアノオフ会、結婚式2次会

2台ピアノオフ会、結婚式2次会

2010.12.14 Tue

日曜は名古屋駅、通称”名駅”に一日いました。

太閤口の銀時計にてみなと待ち合わせ。2台のピアノを使ってのコンサート、2台ピアノオフ会が名駅近くの個人さんのスタジオにて開催されました。


2台ピアノオフ会
2台ピアノオフ会 posted by (C)sarapiano


この日はこの地域だけでなく大阪や東京などいろいろな地域から演奏者や聴衆のかたがみえて大盛況。


2台ピアノオフ会の様子
2台ピアノオフ会の様子 posted by (C)sarapiano


マイミクのエリーゼさんが企画してくださったこの2台ピアノオフ会。


一年ほど前からお話があり、なかなかこのような企画はないので思い切って参加することにしました。

と言うのも長年の憧れ曲だったラフマニノフのピアノ協奏曲が候補にあがっていたからです。

もちろんコンチェルトですから難易度は高く、弾きたいからと言って弾けるような曲ではないことはわかっていたのですが、なんとしても弾いてみたいと思い挑戦することにしました。


少しずつ練習にとりかかっていたのですが、とにかく曲が長いのと繰り返し部分が一度もないことに泣きが入りました・・

弾いても弾いても暗譜できなく、その前に普通に楽譜どおり弾くことができない日々。


最後の2カ月ほどはコンチェルトの難しさを痛感する日々でした。


思い返せばこのオフ会までの間にはほんとうに様々なことがあり、ようやくたどりついたと言った感じでした。

子供に恥ずかしくないパパになるためにもやり遂げなければいけないような、そんな壁に思えたし、ちょうどそんなときに企画されていて、自分が次のステップにいくための試練のようにも思えました。

時間やお金やいろんなものを犠牲にしても、たどりつきたいものでした。


と言うのも今まで、演奏家と技術者の関係のなかで悩んできました。

自分は技術者である、プロである。

だから演奏は他のかたに任せて自分は楽器の調整に全力を傾ける存在であり、影の存在なんだと。


調律師のなかには弾けない人もたくさんいて、弾けないほうがいいとまで持論を持ってられるかたもおられます。

その意味には様々なものが含まれていると思うのですが、私もそれは日々の仕事のなかでわかる気がするのです。
人には役割と言うものがある。

ましてやピアニストが全力を傾けて臨むようなコンチェルトを生半可で適当な気持ちで弾くなんてありえないと思うのです。

演奏者に敬意を払うのなら、そして演奏者の苦労や努力、才能を知っていれば手を出すことなどできないのです。


しかしここ数か月の自問自答のなかで演奏に対する自分のスタンスに対して答えがでました。

それは、人はそのようなスタンスに対してどう思っているかは様々なのに、自分自身が勝手に作った枠のなかで悩み、あがいていたと言うことです。

調律師であると言う、譲れないものが自分のなかにあるので自分の他の部分がどうであろうと何も変わることはないし、他人からの見方が変わるわけでもない。変わったとしてもプラスマイナスどちらに行くのかそんなことはどうでもいい問題だと今は思う。


ただ演奏家として仮に万が一お金がとれるくらいのレベルになったとしてもそれで食べていこうと思うことは決してない。演奏することは一生自分の楽しみや趣味の分野であり続けると言うことです。

どの世界でもお金をいただいて生活をしていくと言うのは生半可なことではないからです。

単純に音楽をすることは誰が何を弾いてはいけないだとか、制限があるとかじゃなく自己表現としてそれぞれの形があっていいと思っています。
プロの演奏に感動することもあれば素人の趣味の演奏で感動することもある。それぞれの感じ方ですもんね。


自分なりの音楽に対しての向き合いかたが確立できたので、これからは気兼ねなくいろいろなものに挑戦していきたいと思います。

またそれが必ず自分の仕事に活きるものだと確信しています。


いい音を作るにはいい音を聴くことですから。



とにかく今回のオフ会を終えられてひとまずはホッとしています。

演奏のほうは自分の満足度、曲の完成度等はまーーーーったくダメでしたが、今回はこれが限界だったのでその意味では満足です。

階段はひとつひとつ登っていくもんです、やはり・・


しかしみなさんのすごかったこと。

趣味でピアノを弾いてる人のレベルがあがってきていて聴いていても楽しい楽しい。

そしてなによりそれぞれがみな違う個性の音を出していることがなにより聴いていて楽しい!

同じ曲でもこんなに表現や音色が演奏者によって違うのかと、ピアノの奥深さを再認識しました。


以下演奏曲目です(作曲家は略称です)



J.S バッハ  インベンション8番 2台ピアノバージョン

J.S バッハ  主よ人の望みの喜びよ

ミヨー    スカラムーシュより ブラジルの女

ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番 第一楽章

ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番 第二楽章

ショパン   ピアノ協奏曲1番 第一楽章

モーツァルト ピアノ協奏曲21番 第2楽章

モーツァルト ピアノ協奏曲27番 第3楽章

モーツァルト ピアノのためのソナタニ長調 第1楽章

J.S バッハ  チェンバロ協奏曲 BWV1052 第一楽章

ショパン   ピアノ協奏曲1番 第1楽章

ショパン   ピアノ協奏曲1番 第2楽章

ショパン   ピアノ協奏曲1番 第3楽章

ラヴェル   ピアノ協奏曲ト長調 第2楽章



途中、大阪こられた新婚さんのおふたりにサプライズな企画もあり盛り上がりました(^^


圧巻の演奏が終了し、なんと最後にラヴェルのコンチェルトを演奏された吉永さんのサプライズオンステージが始まりました!

吉永哲道さんはピアニストのかたでロシアモスクワ音楽院で学ばれた経歴の持ち主。

これまでもホールでのコンサートやミニイベントなどで聴かせていただきましたが、今回もすぐ間近で聴くことができ感激。

こちらの紹介ページにも書いてありますが、まさに”日の光や土草のにおい、風の感触、そこに生きる人々の息遣いさえ感じられる演奏”のとおりだと感じました。

http://shop.kawai.co.jp/nagoya/lecture/yoshinaga.html

ピアノのまわりに異空間ができあがりそこに引き込まれるがごとくです。

毎回の演奏前のお話も作品への深い理解にあふれ、聞く価値ありです!


岡山からこられた演奏者兼司会のかたをはじめ裏方で企画運営に携わってくださったかたがた、他にもいろいろと書ききれないことばかりですがありがとうございました。


イルミネーション
イルミネーション posted by (C)sarapiano

イルミネーション
イルミネーション posted by (C)sarapiano

イルミネーション
イルミネーション posted by (C)sarapiano

クリスマス
クリスマス posted by (C)sarapiano


夜は今回打ち上げには参加せず、高校のときの友人の結婚式2次会へ参加。同じ名駅とのことで移動が楽でした。


結婚式2次会 2010.12.12
結婚式2次会 2010.12.12 posted by (C)sarapiano

結婚式2次会 2010.12.12
結婚式2次会 2010.12.12 posted by (C)sarapiano



イケメン&美女でお似合いのおふたりさん。とーーーっても幸せそうでこちらまで嬉しくなりました!!

ビンゴでちゃっかり景品まで当てて、胸を張って家路に着きました(^^



人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス

www.sarapiano.com
-------------------------------♪
スポンサーサイト



コメント

*頑張ったね!!!

お疲れさまでした。
サラちゃん 弾き終えた時にはジーンと来ました。
色々あった中で よくここまでやりとでた!!ちと思うと涙が出ました。
みんな やれば出来るんですね! 気持ちの問題だ、、と反省しました。
素敵な演奏 ありがとう!!!!!

*Re: 頑張ったね!!!

この半年間ほどほんとにお世話になりました。お仕事のちょっとした空き時間とかにピアノを弾かせてもらえたりしたおかげです。
うみそらと☆さんがいなかったら今回の発表はできなかったです。

”やればできる”いい経験になりました!


コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sarapiano.blog112.fc2.com/tb.php/750-1d506249
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)