FC2ブログ

Facebook Page

スポンサードリンク

Home旅・テーマパーク>上海事情、ピアノ工房訪問・上海蟹

上海事情、ピアノ工房訪問・上海蟹

2010.10.15 Fri

朝早くにセントレアへ。以前の職場にあいさつをしに顔を出したらお世話になった社員さんがちょうど店番中。

5年ぶりくらいにごあいさつ。覚えていてくれました。当時このかたのおかげで仕事がしやすかったのが記憶に残っていたのでお会いできよかった。

セントレア
セントレア posted by (C)sarapiano
セントレア
セントレア posted by (C)sarapiano



手続きも済ませ日本をたち上海へ。中国南方航空の飛行機。

飛行機
飛行機 posted by (C)sarapiano



今回は将来の仕事の展望をにらみ視察に行ってまいりました。

今や世界経済の中心地となった中国。そのなかでも勢いある上海をこの目で確かめたい思いで取引先の社長と向かいました。

浦東国際空港
浦東国際空港 posted by (C)sarapiano


今や東京以上の人口、1800万人が住むと言う上海。実際はもっと多いらしいのですが、どこに行っても人がいました。

上海
上海 posted by (C)sarapiano
上海中心地
上海中心地 posted by (C)sarapiano
上海
上海 posted by (C)sarapiano
上海市内
上海市内 posted by (C)sarapiano

そして一言で言うと活気にあふれています。

社長が言うには一昔前の日本のような活気らしいです。とにかく人は多いのですが、そのなかでも若者の姿が目立ちました。みな日々の生活に追われている感じですがとにかくなんだかパワフルです。


そして道には車やバイクや自転車が混在していてやりたいほうだいです。車がなにより優先らしく、ぼさっとしてると間違いなくひかれます。信号機はさすがに守りますが、タイミングを見計らって渡らないといけないです。


市内には全家と書いてあるファミリーマートをよく見かけました。コンビニは他のところは見かけずファミマが進出中みたいです。なんか知っているお店があるとほっとします。

上海市内ファミリーマート
上海市内ファミリーマート posted by (C)sarapiano

ファミリーマート=全家 うーん、なるほど・・


宿泊する中心街のローカルなホテルでいよいよ友人と再開。

約12年ぶりくらいの対面。まさかこんな異国の地で会うことになるとは。彼は当時からエネルギッシュでしたが歳を経ても変わらず、むしろ更にいい顔になっていました。


ホテルからタクシーと地下鉄を乗り継ぎ1時間ほどで彼の会社へ。

地下鉄はどんどん建設されていて今は13本くらいあるらしい。駅はキレイでキップはSuicaみたいなカード式。乗車してもまるで名古屋の地下鉄に乗っているような雰囲気。

タクシーに乗ると道が広くて3車線ないし4車線。どこまで走っても街並みは続き、広さを実感します。

基本的に我先に早くいくような運転でクラクション鳴らすのは当たり前で、誰も気にとめてない。

歩行者が渡ろうとしても車は停まりません。車優先なので。


信号待ちをしていると物売りがきてドライバーに話しかけてます。チラシを車内に投げ込んでいく人もみかけました。

商売根性凄まじいです。

ほどなく友人の会社に到着しありがたいことに中を見せてもらうことができました。
ほんとにつながりや縁は大事です。

上海市内
上海市内 posted by (C)sarapiano

詳しくは書きませんが、ピアノ修理工房と事務所があり上海でのビジネスに最適な環境が整っていました。
そして特に従業員の現地スタッフたちが優秀なのを感じました。中国のかたはやはり手先器用です。

ピアノは次々売れて忙しいらしく倉庫にはたくさんのピアノが待機してました。
これから更にいろいろとつながり持ってできそうです。



中国のトイレ事情なども体験し(詳しくはまたの機会に・・)、夕飯をとるために再びタクシーで移動。

30分ちょっと走り20元くらい、日本のタクシーに比べたらずいぶん安いです。


そこでこちらも連絡をとっていた現地の日本人の友人と合流。

彼女も上海長いのでお任せして美味しい中華料理屋に連れていってもらいました。

上海蟹のお店です。

空港でガイドさんに聞いたらガイドブックに載っているようなお店は高いわりに美味しくないとのこと。一番いいのは現地の人間に聞くのがいいとのことでした。

そこで友人のanegoさんに連絡をしたらお店を予約してもらえました。

上海蟹
上海蟹 posted by (C)sarapiano

青島チンタオビールで乾杯。苦味が少なく飲みやすかったです。蟹料理を食べながら紹興酒(しょうこう)も飲みいい気分に。

チンタオビール
チンタオビール posted by (C)sarapiano

僕以外はみんなそれぞれはじめましてでしたが、パワーあふれる4人で楽しい会話ができ今後につながる関係を作れたと思います。

夜の上海の街はネオンがきれいで人も多くにぎやか。眠らない街です。



さて宿泊するホテルですが中心街にはありますがローカルな地区。友人いわく中国的な雰囲気を楽しめる意味ではいいとのこと。

飄鷹大酒店(ピャオインホテル)

中国上海市虹口区乍浦路71号


大きな地図で見る


ホテルエントランス
ホテルエントランス posted by (C)sarapiano


カウンターのスタッフは日本語まったくダメ。英語はまあまあと言う感じ。基本中国語応対です。

部屋のカギはカード式でしたが、一回では開かず5回くらいさしてようやく反応しました。

ピャオインホテル室内
ピャオインホテル室内 posted by (C)sarapiano
ピャオインホテル室内
ピャオインホテル室内 posted by (C)sarapiano
ピャオインホテル室内
ピャオインホテル室内 posted by (C)sarapiano

心配していたシャワーはちゃんとお湯が出て安心。しかしボディソープがまったく泡立たず。シャンプーは普通だったのでそれで体を洗いたくなりました。

ピャオインホテル洗面台
ピャオインホテル洗面台 posted by (C)sarapiano
ピャオインホテル・ユニットバス
ピャオインホテル・ユニットバス posted by (C)sarapiano

トイレはもちろんシャワー式ではないけどいたって普通。備え付けのトイレットペーパーが少なかったですが。



外の眺めはビルが見えいい感じでしたが空き地があったり車やバイクのクラクションが鳴ってました。

ピャオインホテルからの眺め
ピャオインホテルからの眺め posted by (C)sarapiano

とにかくクラクションは鳴らしてなんぼで鳴らされても誰も気にとめてない感じなので四六時中ブーブー鳴ってます。

ピャオインホテルからの眺め
ピャオインホテルからの眺め posted by (C)sarapiano



あと心配していたコンセントはそのまま使えました。差し込み口の変換器買っていったけど不要です。携帯電話はこれで充電可能。ドコモを海外で使えるように設定して充電器を240ボルト対応のをポイント購入してOK。

ピャオインホテル・コンセント
ピャオインホテル・コンセント posted by (C)sarapiano
ピャオインホテル・コンセント
ピャオインホテル・コンセント posted by (C)sarapiano

通話やメールは高いですが日本にいるときと同じ感覚で使えました。

両替はホテルで手数料なしで人民元にできましたが、ぼったくられました。

だまされて痛い目みて学習していかないとこの国ではやっていけないようなので腹立つけどいい勉強と思うしかないです。
相手を信用しきらないで気を張って自分の身は自分で守る気構え必要ですね。


テレビの映りが悪くベッドが堅かったけど少し疲れもありぐっすり眠れました。



朝起きて友人との待ち合わせに時間があったので取引先の社長とホテルの周りを散策しました。

上海市内裏通り
上海市内裏通り posted by (C)sarapiano


少し歩き鉄格子の一角に入ると長屋の家がありました。


見るからに狭い家でお隣さんとは近い近い。外に出てぺちゃくちゃおしゃべりしたり日常の生活を見れました。

上海は貧富の差が激しいらしく、高層のマンションや豪邸に住んでいる人もいれば豆電球ひとつの狭い部屋で暮らしている人もいるらしい。

上海市内裏通り
上海市内裏通り posted by (C)sarapiano
上海市内裏通り
上海市内裏通り posted by (C)sarapiano

市内の広い道路には高級車をたくさん見かけました。お金持ちも多いようです。

いずれにしてもみんなたくましく生活してます。

長屋のそばのお店ではでかいカエルやザリガニまで普通に売っていて、水からあげられたコイがぴちゃぴちゃはねてました。

八百屋さんみたいなところに入ると日本で売っている野菜もありましたが、豆や何種類かの米、奥には生きた鶏がいました。

社長いわく買い手がつけば用意されていた洗濯機みたいなところへ放り込み毛をとってツルツルにして渡すとのこと。

麺を作っている人もいてその均一なできあがりは見事でまさに職人技でした。 ところどころ何かわからない臭いがキツイですが、食料品はひととおり揃いそうでした。

貧しそうな暮らしですがみな何かしら仕事をしているようでした。上海だからなのかわからないですが、みな必死に日々を生きている。受動的ではなく能動的です。

日々考えないと取り残されて死ぬしかないから積極的なんだと思います。

上海市内裏通り
上海市内裏通り posted by (C)sarapiano

この裏通りは外国人があまりおらず変な日本人がきたと思われたことでしょう。しかし観光地以外の日常の生活が見れたのは自分のなかで収穫が大きかったです。

あまり他人に関心がないように見えますが、事故現場を目撃したときは人だかりができていてみんなで助けあっているように見えたのが印象的でした。


上海市内
上海市内 posted by (C)sarapiano
上海市内
上海市内 posted by (C)sarapiano
上海市内
上海市内 posted by (C)sarapiano
上海市内
上海市内 posted by (C)sarapiano


2日目はミュージックチャイナ(上海国際楽器展示会)。

続きは次の記事へ


人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス

www.sarapiano.com
-------------------------------♪

スポンサーサイト



コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sarapiano.blog112.fc2.com/tb.php/740-322c4853
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)