Facebook Page

Home世界>今日もイスラエルでは

今日もイスラエルでは

2009.01.10 Sat

今日もイスラエルでは人が死んでいる



同じ人間なのに 



痛ましい







何故戦争はなくならないのか?


反ロスチャイルド同盟

http://www.anti-rothschild.net/






たくさんの犠牲のうえで今日も生きてしまった・・







スポンサーサイト

コメント

*

人間というのは実に不思議なもので、それぞれに宿命を背負う。戦争のある国に産まれたのは、運が悪いわけではないと思う。必然であるということです。そういう現実を見せられて人間がいつか気づくためにそれらのことが起こるんだろうと思います。宗教的な視点からみると「神」という表現があります。神が存在するのになぜに平和でないのか。又戦争はなくならないのか。それは、(ここからは私の個人的想像)人間はすでに「神」であるからです。人間は思いのままに事を作り、事を変える事ができます。究極の神、つまりは、人間の想像主はなぜ、人間を作ったか(よくキリスト教の人が言ってますね。)それはオリジナリティあふれる神を作りたかったからだと思います。それが最大の成功であり、最大の失敗であったと思います。神も失敗はするものです。今、この時代、この「神の子」が自ら気づいて変革していく時ではないでしょうか?

*

うめ先輩、コメントありがとうございます。
こういうことは遠い世界の国の話だと思ってはいけない話題ですね。実は自分と関係しているし。

戦争のある国に生まれたのは”必然”と言うのはまさにそのとおりで人間それぞれ役割や宿命を背負って生きていますよね。

では我々日本人に生まれた私たちの宿命とはなんなのか?

重要なもの背負ってますよね。

それを知ると実は生き残っている自分たちのほうが苦しいのです。人間的な観点から言えば亡くなった人のことはほんとに悲しいことですが。


人間=神

間違いないです。もっと言えば人間も神も存在しません。

しかしこの人間の目に見える人間世界では明らかに変革が迫られています。

しかも今までのような変革ではないです。

すでにお気づきかと思いますが、次元が上昇する変革です。

それは人間一人一人自らが変わることでなければ実現できません。

猿から人に進化したように、進化した人間それが当たり前の世界がくるんでしょうね。




> 人間というのは実に不思議なもので、それぞれに宿命を背負う。戦争のある国に産まれたのは、運が悪いわけではないと思う。必然であるということです。そういう現実を見せられて人間がいつか気づくためにそれらのことが起こるんだろうと思います。宗教的な視点からみると「神」という表現があります。神が存在するのになぜに平和でないのか。又戦争はなくならないのか。それは、(ここからは私の個人的想像)人間はすでに「神」であるからです。人間は思いのままに事を作り、事を変える事ができます。究極の神、つまりは、人間の想像主はなぜ、人間を作ったか(よくキリスト教の人が言ってますね。)それはオリジナリティあふれる神を作りたかったからだと思います。それが最大の成功であり、最大の失敗であったと思います。神も失敗はするものです。今、この時代、この「神の子」が自ら気づいて変革していく時ではないでしょうか?

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sarapiano.blog112.fc2.com/tb.php/353-79cc6220
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)