FC2ブログ

Facebook Page

スポンサードリンク

Homeピアノレッスン>ベートーヴェンの響き

ベートーヴェンの響き

2019.08.13 Tue

吉永哲道先生の公開レッスンを受講。
目から鱗、ベートーヴェンの響きの作り方。
ショパンとは反対の内側への手の重心の移動。
それでいてハの字は崩さないで肘を広げることなくポジションを取る。
内声の厚く深い響き、ベートーヴェンの音楽を紡ぎ出せる秘密。
先日の先生の宗次ホールでのリサイタル、エリーゼのためにの弾きかたを引き合いに出してもらい、あの響きの秘密を教えていただけました。
先生の響きは絹の糸を紡ぐがごとく限りなく美しく、うみそらサロンのオールドヤマハから出る実に多彩な音色。
ピアノはまさに弾き手によって出る音色が変わる。
ピアノとはなんと奥が深く限りなく楽しいものだろうか。
ピアニスト 吉永哲道氏ブログ

http://blog.tetsumichi.jp/s/
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sarapiano.blog112.fc2.com/tb.php/2898-76d1dc5f
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)