FC2ブログ

Facebook Page

スポンサードリンク

Homeピアノ修理>UX50Mhc 外装、内部修理

UX50Mhc 外装、内部修理

2018.12.31 Mon

UX50Mhc 外装、内部修理の様子

木目の外装ですがところどころかなりの痛みがありました。何か液体で反応し溶けたような感じになり色が落ちていました。










アクション関係もビスの緩みはじめ各部の調整必要な箇所が発生していました。

タッチの均一性を保つためにも内部アクションの調整は重要です。見えない部分ですが最も重要な修理箇所です。

弾き心地や音色にも関係してきます。




鍵盤を外すと内部はホコリやサビが多数。
フェルト関係は虫に喰われなくなっているところがほとんどでした。




赤いクロスがほとんどなくなっているのが確認できます。






鍵盤の要、バランスブッシングクロス、フロントブッシングクロスも酷い虫喰い状態






フェルト類の全て交換を済まし本体へ組み入れて整調と言うアクション部分の調整を施しました。





調律も済ませお客様宅へ搬入。
運送の手配もします。





畳のため防震インシュレーターにて設置をし安定させます。ゴム製の深さのあるお皿で足に付いているキャスターを固定させます。
運送にて狂いの生じた音を調律し完了。





塗装の変形のあった箇所も綺麗になりました。

喜んでいただけよい仕事ができました。
スポンサーサイト



コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sarapiano.blog112.fc2.com/tb.php/2834-7f24deb8
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)