FC2ブログ

Facebook Page

スポンサードリンク

Home未分類>カワイアップライトピアノBS-1A修理

カワイアップライトピアノBS-1A修理

2018.12.04 Tue

カワイアップライトピアノBS-1A修理作業の様子です。
工房へ到着したピアノの外装を外し鍵盤を外します。
鍵盤のフェルト(ブッシングクロス)が虫に喰われていたので全て交換します。


これで鍵盤のガタつきが解消し安定した弾き心地が得られます。
内部のアクションが長年の湿気を帯びており動きが悪くなっていたため全て取り外しセンターピンを交換します。


この細い金属製のピンがアクションの関節部分となっており各部の動きを支えています。この金属のセンターピンが錆びたり周りのクロスが湿気により膨張したりすると動きがとたんに悪くなってしまいます。

外装、椅子を磨きあげて仕上げました。
全体的に油のようなものがこびりついていて光沢を出すことがなかなか大変でしたが満足の仕上がりとなりました。
 
新築のお宅に無事にお届け、これからレッスン予定のお嬢さんにかわいがってもらえそうです^_^
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sarapiano.blog112.fc2.com/tb.php/2829-58334122
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)