FC2ブログ

Facebook Page

スポンサードリンク

Home環境>環境問題を考える 08/11月12日の日記

環境問題を考える 08/11月12日の日記

2008.11.13 Thu

昼にしんちろさんと待ち合わせサイゼリアのランチをしながらお話。

サークル関連の話から音楽、そしてこれからのことなども聞いてもらった。

話しているうちに自分の考えがまとまっていくのを感じスッキリ。

難しいことに対しても理解してもらえるのでとても話しやすい。

人は他人と会うべくして会っているのだと強く感じる。ここ最近はそんなことを意識させられる期間だった。


夜は鶴舞の名古屋市公会堂でのポール・アラン・コックス博士の来日記念講演会へ。

着くとすでにすごい行列で並んで入ることができた。これだけ意識の高い人たちがいるということに嬉しくなった。


ポール・アラン・コックス博士は世界的な民族植物学者。

世界の島に暮らす先住民が使う植物が人間の体に及ぼす効果を研究しています。

そして私財を投げ売り世界の消えゆく危機にある島々を守ろうと活動しているかたでもあります。


世界不思議発見 ポール・コックス博士



その昔人間は文明が発達していなかったころ、植物から日用品を作り応用し暮らしていたはずです。

自然にあるものを使うというのは人間にとっていいものであることは間違いないです。

毒な成分があるものもあるでしょうが、人間が自然から生まれたものであるならば体に適合するのは自然なことなのです。

しかしいつしか科学文明のなかで自然を破壊するものを使うことが当たり前になりました。

日用品を買いにいったらそれしか売っていないのでそれを使うことはごくごく当たり前のことです。

僕も疑いようもなく使っています。

ただそれは自分で選択したのではなくそこにあるから与えられたものを使っているだけです。


しかしその影で自然と調和し暮らしてきた人たちの生活、生命を脅かしつつあるのが現状です。

というよりも今やめぐりめぐって地球に暮らす全ての人の生活までも脅かしつつあります。


環境破壊は私たちが思っているよりもかなり進んでいる状況だと聞いたことがあります。

もう後戻りができないような状況まできていてそれをいろんなものから感じている人は多いはずです。

このままでは地球は20年ももたないだろうとさえ言うかたもいます。

地球がなくなれば基本的には私たちは生きていけません。


環境に対する意識は年々高まってきているように感じます。

そのような活動をする団体も増えてきました。

企業もこれからは環境を意識した方向での経営を進めていくというところも出始めています。


そして今回ポール・アラン・コックス博士が立ち上げた”シーコロジー”。

Seacology

地球上のあらゆる島々の環境や文化の保全を唯一の目的とした世界で初めての非営利・非政府団体。

”世界救済はひとつの島から”というモットーのもと、世界中の絶滅の危機にある島の環境と文化を保護する活動をしています。


最近の世界情勢はなんとも嘆かわしい状況です。

経済活動を優先させてきた結果富の停滞を招きついには破綻をきたしました。

お金は循環させなければならないのに私利私欲のために使う人間が増えた結果、血管が詰まるように破裂してしまった。

それを知っている一部の人は正しいお金の使い方をするのだろうと思う。


≫ SEACOLOGY JAPAN

とはいってもそれをするには自分に余裕がないとできないのは当然のことで、そうなれるように進んでいかないといけない。

でもおおげさに構えなくてもまずは個人個人できることから始めればいいんだと思う。

僕自身も関心はあってもどうしていけばいいのかわからない部分もあったので、これからさらに勉強して身近にできることから始めようと思う。


講演会が終わってからすかいらーくにて身内で懇談会。

はじめましてのかたもいらして広がりを感じる。


裏情報で聞かされたのは世界の民族学者は23人しかいなくて、飛行機などに乗るようなときは必ずバラバラに乗るとのこと。万が一に備え、それだけ世界の未来が託されている貴重な存在とのこと。


感想を言いあったけど、その中で遠い世界の話で実感がわかないとか話されてたかたもいらっしゃったけど、実際はすごい身近なことだと思う。

環境が変われば人間は今の地球では生きてはいけない。


ここ最近になり急速に絶滅の危機にある動物が増えているとのことだけれど、その最後の存在にならないようにしなければならない。


学者とかとは別に最近未来がみえるというかたにお会いしたけど、もう20年程、目前にその日は迫っているとのこと。

環境問題についてはいろいろ言われているけれど、実際に自然とふれあいその危機を感じている博士の言葉はその裏付けでもあるし真実だと思う。


多くの人が思うより地球はもうかなり危ない状態。

間に合うのだろうか?
スポンサーサイト



テーマ:地球環境を考えよう!! - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sarapiano.blog112.fc2.com/tb.php/278-38c0d208
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)