Facebook Page

Homeピアノ>ピアノ考

ピアノ考

2015.10.21 Wed

国産ピアノの性能はとても良いと感じるし、海外でも評価が高くヨーロッパなどでヤマハカワイの中古は驚くほど高値で取引されていることを大手輸出業者から聞きました。アクションの精度、反応が良く、made in japan の製品は壊れないのでコストパフォーマンスに優れている。

しかしながら芸術の分野での感覚的なもので言うと日本製にはないものを特にスタインウェイのピアノに感じます。

これはクルマと同様にメカニックとしてみたときに日本製にかなうものはないのだろうけど、フェラーリやポルシェの走る楽しさ、異次元な感覚が日本車には感じられないことに似ている。(聞いた話で私自身は経験ない^^; 年式などによっても違うらしい…)

本来芸術のための楽器が日本では教育のために広まった事もありその本質からは異なった独自な文化ができたのも影響は大きいと思ってます。

現代ではなんでも性能が良くなり人間に能力がたいしてなくとも扱えるようになってきていて車もマニュアルからオートマになりそのうち自動運転が主流になれば寝ていても目的地に着くようになる。

工業製品であるピアノも性能がどんどんよくなり鍵盤を押すだけできれいな音が容易に出るようになりました。

今回のショパンコンクールで国産の特にヤマハのピアノは誰が弾いても一定の良い音が出ていた。これは開発技術陣の苦労の結晶であり日本の誇らしい技術だと思う。
ベーゼンドルファーを吸収した事によりその技術を研究したのか数年前より音色がベーゼンドルファーに近くなってきたと感じるのは気のせいだろうか…

基音の美しさで聴かせるベーゼンドルファーはスタインウェイとは対照的でありピアノの個性が際立つ楽器。

対してスタインウェイは音色変化の自由度が高いので表現者である芸術家にはやはり受け入れられる。

スタインウェイは弾くとその演奏家の中身がもろに出てしまう繊細な楽器。

なのでコンクールなどでスタインウェイがいまいちに聴こえるときは演奏者がいまいちなのだ… (もちろん好みもある、特に音色を重視して聴いた場合による)

逆に調律と言う観点からみれば事情が異なり、ヤマハカワイの国産ピアノはもろに調律に左右されてしまうと感じる。つまらない音を作るとそのまま出るので調律師の感性と実力が問われる楽器と言え、その点では調律と調整次第でよくできる伸び代がある。

特に経験上カワイのピアノは手を入れれば入れるほどほんとに良くなる、けども放置したりよくない調整だともろに酷くなってしまう。状態の良いものは国産ピアノを超えるものがあると感じます。

ヤマハは平均的で手を入れずともある程度のパフォーマンスを発揮してくれる優等生。でもこちらも調律や調整次第で素晴らしい状態にもなる。つまらない音のヤマハが多いのは調律師のせいでもあると言ってもよいかも。
調律師もメーカーからそのように調律するようにと教えられるのである意味それがヤマハの音で正解なのかもしれない…

楽器としてはもっと潜在的な能力があると感じるので勿体無い話ですが。

倍音のあまり求められないポップスやマイクでひろう場面ではヤマハトーンはよい持ち味を出すと思います。

その点スタインウェイは器としての完成度が高いので極端な話調律しなくともある程度の音が鳴り、演奏者次第で音が作れてしまう。

もちろんスタインウェイと言えどつまらない調律ではつまらない楽器になるし、素晴らしい調律であれば最高の状態になるのは言わずもがなです。

日本にもあまり知られていないメーカーで素晴らしいピアノもあるし(あった)、昔のピアノで扱いは難しくとも芸術的な香りのするピアノもあります。

フラットに、偏らずに芸術に真摯でありたい、自分の感性に正直でいたいと思ってます。

その感性が鈍らないように、更に磨きをかけられるようにきれいなもの、美しいもの、風景や音楽、芸術、様々感性を刺激してくれるものに触れる努力をしたいものです。

現代社会で忙しくしてるとそれが自然にできないのが悩ましいところですね…

注 あくまで個人の見解であり絶対的なものではありません。現在の考え、感覚でありこの先変わる可能性は多分にあります。
スポンサーサイト

コメント

*

いいね

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sarapiano.blog112.fc2.com/tb.php/2438-2ca9caee
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)