Facebook Page

Homeピアノ修理>カワイアップライト、ねずみ害修理

カワイアップライト、ねずみ害修理

2015.07.13 Mon

カワイのアップライトピアノ、ねずみ害修理の様子です。

お見積もりにお伺いし中を開けたらマフラー(弱音)フェルトが半分以上なくなっていました。

これは…

と思いアクションを見るとちぎられたマフラーフェルトがたくさんつまっている。こういうことするのはねずみさん以外にありません。

ピアノの中で部品のフェルトで巣を作ってしまうのです。



ハンマーもかじられる被害が。





これくらいのかじられ具合でしたらハンマー交換なしでなんとかなります。

先端部品がやられていると厳しいです。

ダンパーもところどころ虫食い。



金属部品の錆もかなりきている状態。












ネズミのおしっこで、さびさびです。

すべて可能な限りサビを落としアクションの駆動に支障出ないようにします。


内部の調整をし調律。ピッチがかなり下がっていたため2回半ほど上げる作業をしました。

背の高くないピアノですが驚くほど鳴るようになり良かったです。アコースティックピアノは調整すると年代に関わらずほんとによく鳴るようになります。最初の状態が大変だったこともありますが、かなり満足なピアノに仕上がりました。



スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sarapiano.blog112.fc2.com/tb.php/2406-287f5add
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)