Facebook Page

Homeピアノレッスン>ピアノレッスン近況、大野ピアノメソッド名古屋校開校

ピアノレッスン近況、大野ピアノメソッド名古屋校開校

2015.04.27 Mon

クラシックピアノのレッスンの近況です。最近大きな動きがありました。

東京が本部の大野ピアノメソッド。
ついに名古屋校が開校の運びとなりさっそく入会して通う事となりました。

講師は伊藤優さん。3月の紀尾井町サロンホールでの発表会でも素晴らしい演奏を聴かせてもらえました。

講師紹介ページ>http://www.onoshinji.jp/method/class.html#itoyu


私は音楽の専門教育を受けてきてません。これから先レッスンを受けていって何か目標があるとかそういうものも特にありません。何か実績を残したいと言う気も微塵もなく、ただ好きでやってるだけです。

なら別にそんなハイレベルなところに習いにいかなくても、と普通なら思います。私もそう思ってました。

しかしながらその魅力を知ってしまったらその世界を少しでも習得したくてたまらなくなったのです。

それほどどこにもないようなものだし、特に日本では習う事がなかなか困難な演奏法です。

これまでに一般的に教えられてきたピアノ奏法とは180度くらい違う事を習うと言っても過言ではないです。

例えば姿勢ひとつとっても猫背で前かがみで弾く事も許されます。むしろそのほうが良いとなります。

どんな奏法が正解であるか、それはいろんな見方があり一概には言えないかもしれません。しかし私の中では大野ピアノメソッドが正解であるし、なによりも好きなんです。


この奏法だとクラシックピアノを弾きたいと思うのです。

つまらない無味感想な音楽が活き活きと瑞々しく生命が吹き込まれような、そんなように感じるのです。


ピアノ演奏は鍵盤の沈み込む10ミリの深さの世界ですが、その10ミリの中にいかにしてエネルギーを込めるのか。
それを音色や作品ごとについて徹底してこだわるのはこのメソッドが最も最先端をいっていると感じています。

名だたる音大卒の人材や海外の音楽院などに留学までしてきた人材がなぜ御茶ノ水に集まってくるのか?

経験をしてきた演奏家だからこそわかることも多いでしょうし、音楽関係の仕事をして様々な演奏に触れてきた私の耳を満足される何かがそこにはあります。

普段の調律の仕事では自分の好みに偏り過ぎないように心がけていますが、趣味の音楽は思いっきり好きなように偏ってもいいじゃない?!と自分自身思っているのです。
まともに曲を間違えずに弾くことすらできないようなレベルですが、出したい音のイメージを持ち続け楽しんでいきたいと思っています。




スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sarapiano.blog112.fc2.com/tb.php/2382-c92e2bce
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)