Facebook Page

Homeピアノ修理>KORG コルグ社製サイレントユニット取付

KORG コルグ社製サイレントユニット取付

2014.01.11 Sat

コルグ社製のピアノ消音装置を取り付けしましたので軽く紹介しておきます。

消音装置はサイレント装置とも呼ばれるもので、普通のアコースティックピアノを音を消してヘッドホンやスピーカーから音を出して演奏できると言うシロモノです。

これを付ければ音のあまり出せない夜のようなときでもピアノ練習ができるので、人によっては重宝するものです。

ただアコースティックピアノを消音できる便利な面がある一方でピアノとしての機能にも少なからず影響を与えるものでもあります。それについては後述します。


現在主な消音ユニットはヤマハ製、カワイ製、コルグ、マジックスター(商品名)です、私の知る限り。

グランド用とアップライト用がありますが、今回はアップライトピアノ用の消音ユニット。


コルグ(旧テクニクス)製のものはピアノのブランドに関係なく取り付けられるのが強みです。メーカー製のものは原則そのメーカーのものにしか取り付けできません。

マジックスターと言う消音ユニットも最近では人気があるようです。こちらは取り付けのしづらい背の低いピアノなどにも加工をしなくても取り付けできるなど特に技術者にとってやりやすいようですが、鍵盤下に取り付けるキーセンサーが見たところ接触式なのでタッチに少なからず影響ありそうです。

コルグのほうは特殊シールを貼り付けて接触することがないタイプでその点は進んでいます。特約店時代にはヤマハ製のものを取り付けしていましたが、こちらも非接触のセンサー式で鍵盤に金具をホッチキスのようなもので取り付けしていました。

鍵盤のほうは非接触式のものが普通になってきたのですが、アップライトの場合どうしてもアクションの調整を規定値より変える必要があるのでタッチや音色が変わってしまいます。もう少し詳しく書くと、アコースティックの状態でも弱音のコントロールがしづらくなり、通常の打鍵でも音色の輪郭が少しぼやけます。

調律師の耳には明らかに気になるレベルですが一般のかたでどこまで感じ取れるかは個人差があるかと思います。

以下作業の様子です。


箱に梱包されてきます。



電源ユニット類。



こまごまと袋わけされてます。



消音バー、これでハンマーの動きをとめます。





アクションに合うように切り込みをいれます。ごりごりごり・・



この作業がなかなか難所です。失敗は許されません。



これで可動するようになりました。





アクションへしっかりとネジで固定。



これが鍵盤下へ貼る特殊なシール。センサーを反応させるものです。



1鍵1鍵ペタペタ貼っていきます。



キーセンサーを鍵盤下へ取り付けます。鍵盤との位置合わせ、これが重要。



ネジで固定。



センサーと鍵盤の距離もシビアに測定し調整します。これ大事。




ペダル部もセンサーを取り付け。これで右と左のペダルも消音時に使えます。







スイッチボックスを取り付けます。ここにイヤホンを挿して使用します。外部スピーカーも取り付け可能です。




細かいところは省きましたが、だいたいこんな感じで取り付けしてます。これで電子ピアノのようにサンプリング録音したピアノ音が楽しめます。

ピアノ音以外も録音されています。使えるのは次の10音色です。(ピアノ1、ピアノ2、エレクトリック・ピアノ1、エレクトリック・ピアノ2、ハープシコード、クラビコード、ビブラフォン、パイプ・オルガン、エレクトリック・オルガン、ストリングス)


デモ曲は以下

幻想即興曲 Op.66 F.Chopin

アメイジング・グレイス 不祥 ( arr. Naoki Nishi)

KORGオリジナル KORG ×2

インヴェンション第8番 J.S.Bach

トッカータ ニ短調 J.S.Bach


参考URL http://www.korg.co.jp/Product/PianoSilenceUnit/


アコースティックのタッチで弱音でピアノを楽しみたいかたには良いと思います。




音楽 ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス
www.sarapiano.com
-------------------------------♪
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sarapiano.blog112.fc2.com/tb.php/2109-d9e2e2c6
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)