FC2ブログ

Music life

sarapiano 音楽を通して心豊かに生きる

  1. アニメ
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

MONSTER

今CMでもやってるけどレンタルショップGEOがDVD旧作を¥100でレンタルしているので、借りていたCDを返しがてら行ってきた。DVDを借りて見るのはとても久々。

どうしても時間を取られてしまうし、食事中やくつろいでるときはTV番組を見るので、こういう機会がないと見ない。でもたまにはいいなと思い店内で見てるとけっこう見たいなと思うのがちらほら。

よく見るとそういうのは新作だったりして断念。
アニメコーナーに「MONSTER」があったので、これにすることにした。

MONSTER 9 完全版 (9) (ビッグコミックススペシャル)MONSTER 9 完全版 (9) (ビッグコミックススペシャル)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 2008-08-29





一度マンガ喫茶で一年くらいかけて読破したとき、ブログに書こうと思いながらなかなか書けずにきてしまった。

この「MONSTER」、YAWARAで有名な浦沢 直樹(うらさわ なおき、1960年1月2日 - )氏の作品。

最初「YAWARA」や「Happy!」が好きでその延長で読み始めたもののあまりの登場人物の多さに混乱し挫折。でもその後諦めきれず気合い入れて読んだところどっぷりはまった。

「YAWARA」や「Happy!」のように気軽に読み始めたら痛い目にあいます。何回か読まないと理解できないところもありマンガを読むのにこんなに頭使ったのは初めてです。手塚治虫氏のマンガも大変だけど浦沢マンガはさらに頭使います。

この漫画、妙に主人公に入り込めます。気持ちがわかると言うか主人公テンマのような面を持っている部分が自分にあるからかもしれないです。

これはただのマンガと呼んでいいのか、とても多くのことを考えさせられます。


浦沢マンガは登場人物の表情がとても豊かで読んでいておもしろくてたまりません。こんな人周りにいるいるとか、リアル過ぎて笑っちゃいます。悪役やなんかもとてもリアルでよく人間観察と言うか、よくここまで表現できるなと思います。作者は普通の人生を送ってきた人ではないと察しられます。人の心を読むと言うか、その深いところまでえぐり出すと言うか。

いい人そうに見えてその笑顔の裏にはなにかあったりとか、人間の本質や偽善、見栄、取り繕い、などすべて暴いてしまっています。社会的に地位のある人の裏の顔やほんとうの姿、笑っちゃうほどリアルです。いくら体面よくてもみな同じ人間ですから、いいこと言ってる人ほど実はとんでもない人間だったり。この人はそれを見抜く目を持ってる人なんだと思うし、それをものの見事にマンガと言う媒体を通して表現していると思う。

それは別にマンガじゃなくてもよかったんだと思うけどたまたま表現する手段がマンガだった、そんな感じがします。
そして教育と言うこれからの最大のテーマにまさにマッチしている作品だと思う。


ひとは誰しも軽い洗脳状態で世の中を生きている。

教育と言う洗脳によっていかに人が作られているか、このマンガを見ると怖いほどよくわかる。知らぬ間に自分の考えは他人に植え付けられてる。

日本人自身は日本が自由な国だと思っているかもしれないけれど実は違うかもしれない。

某国の国民は洗脳されていると思っている日本人も、実は逆に某国から見れば洗脳されている国と写るかもしれない。


教育によって人はどんな人間にもなれる。

人を殺すことが正しいことだと教えられるような環境に育ったらそうなるし、大人になってからも人は良くも悪くもどうにでも変わる。

果たして今の教育が正しいのだろうか?日本人を作るための教育。知らぬ間に植えつけられた常識によって自分らは生きてる。そして社会の中に組み込まれる。


「MONSTER」は簡単に言うと、先の大戦で東側の国が人間を支配する指導者を作り出す教育を子
供にしていたと言う話で、その中で突出した人間ができてしまったというもの。

まさに教育により悪人を作ると言うなんとも恐ろしい話。


生まれてからの環境によって人は変わる。


悪人を作ることも可能だけれど善人を作ることもできる。
心に夢や希望溢れた人間を作るのは時間がかかるけど、この混沌としたこれからの時代に最も必要なことだと思う。


そんなことがリアルに描かれていてとても考えさせられる。


最近映画化された浦沢氏の「20世紀少年」も楽しみです。

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (6) (ビッグコミックス)20世紀少年―本格科学冒険漫画 (6) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 2001-09




20世紀少年―本格科学冒険漫画 (22) (ビッグコミックス)20世紀少年―本格科学冒険漫画 (22) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 2006-11-30




20世紀少年―本格科学冒険漫画 (11) (ビッグコミックス)20世紀少年―本格科学冒険漫画 (11) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 2002-12-26




20世紀少年―本格科学冒険漫画 (21) (ビッグコミックス)20世紀少年―本格科学冒険漫画 (21) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 2006-02-28




20世紀少年―本格科学冒険漫画 (20) (ビッグコミックス)20世紀少年―本格科学冒険漫画 (20) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館 刊
発売日 2005-10-28



スポンサーサイト





  1. 2008.09.02 (火) 21:52
  2. URL
  3. 麻衣
  4. [ edit ]

>あまりの登場人物の多さに混乱し挫折。

わかります(笑)
しかも横文字の名前ばかりだし…
麻衣も何回か読み直しましたよ★
とても深くて、はまる漫画ですよね(^O^)
でも終わり方がイマイチって思った記憶ある…
  1. 2008.09.03 (水) 18:39
  2. URL
  3. サラ
  4. [ edit ]

麻衣さん、わかってくれましたか~
混乱したのは自分だけでなく、ホッ(^^)

また時間ある時にしっかり読む必要あると思ってます。
どんな終わり方だったか忘れた・・
納得できた感じだったような。また読まないかん。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Masayuki Saraie

Author:Masayuki Saraie
SARA PIANO

珈琲とピアノと猫をこよなく愛する

ピアノ調律師 更家雅之


楽器が求め、演奏者が求めるベストな状態へ

音の職人、更家雅之の日記や想い

ピアノや音楽、日常を通して出会う人たちとの 交流から日々考えさせられ思ったことを、日記を中心に更新中。


音楽はどんなジャンルでも大好きで聴くこと演奏することが趣味

音楽と歩んできた人生、辛い時、楽しい時、そばにはいつも音楽がありました。音楽によって救われた時期も。

そしてピアノを弾くと心が落ち着きます。

近年、調律や音楽が心に及ぼす影響を研究中。

音楽は心の世界への扉 、そして心そのもの。


ピアノ、音楽を通してこの時代に”心豊かに生きる”を実践しています。

>>ホームページ

オーダー

ピアノ調律修理依頼


メールフォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

閲覧者カウンター

現在の閲覧者数:

twitter

MY PAGE