Facebook Page

Home祝!>1歳の誕生日、一升餅を背負う

1歳の誕生日、一升餅を背負う

2011.09.29 Thu

早いものでゆーまがこの世に出てきて1年が経ちました。

この1年間大きな病気もなく順調に育ってくれました。それだけで嬉しいです。


最初産まれたときは標準体重だったのがその後あまり増えていかず心配になったこともありました。よく吐いていたので病院に何回も連れていき検査してもらいながら最低体重ラインギリギリでなんとか大きくなっていきました。

今でもあまり食に関心がない子ですが省エネ体質で元気です。


と言うか少々元気過ぎです。

どこからそのパワー出てくるんだと言うくらいよく動く子です。他の同年代の子と比べると顕著で起きているときはとまって静かにしていることがまずありません。動いているか寝ているかどちらかのスタイルで生きております。


寝返りしたのは遅かったのですが、ハイハイし出して歩き始めるまでがすぐでした。なにかと歩いて移動したいみたいで転んでは起き上がりがんばっていました。

転んでぶつけたりしてもあまり泣かず、怖いもの知らずで突っ込んでいくところがありますがどうやらあまり痛みを感じないようです。
感じてもすぐけろっとすると言うか・・ おかげで顔やら足やらあざや傷が絶えません。


痩せているのに動くもんだから足なんかすでに筋肉で固く、脱がしても全身たくましい感じです。赤ちゃんはぷにぷにしてるイメージありますが、なんだかすでにアスリート体形してます。

運動神経はとにかくよさそうなのでなにか運動でもやらせてみようかと思っています。


あ、音楽ももちろん考えてます。

ピアノや音楽は一応好きそうで鍵盤を叩いて遊んだり、TVの夕方クインテットやN響などをかぶりつきで見てたりします。

私の考えではピアノはもちろんですが、加えてヴァイオリンをなんとかやって欲しいと思ったりしてます。とにかくヴァイオリンで感情豊かに演奏してる姿は男女問わずかっこいいんです!

そして親子でピアノとヴァイオリンで合わせられたら最高です。。

と親の思うとおりに育たないのが子供なんですが。私もそうでしたし(苦笑



うちの嫁はんはあまりがちゃがちゃしたタイプではないのでゆーまの元気ぶりには大変そうで毎日疲れ果てておりますが、とりあえず元気が一番と思いなんとか日々生活しています。

最近は下痢が止まらず、鼻血も出たりと心配なことが多いのですが本人はいたって元気で動き回ってます。
ちまたで流行ってる手足口病や胃腸風邪なんかもまったく寄せ付けず(と言うかかかっていてもわからないのか?!)脅威の肉体の持ち主であるようです。

まあこれからの時代はとにかくたくましくないと生き残れないのでこのままスーパーマンのごとく進化していって欲しいもんです。
そして音楽で落ち着くようにしつけ他人に暴力等することのないようにしたいものです・・・




なにかで読んだのですが、子供をよく育てるにはどうすればよいかと言う問いに、親がバカになればよいと言うのがありました。

それはダメな親のが子供がしっかりすると言うことを言いたい答えでした。

なんでもかんでも親がやってしまっていては子供が自主的に考え行動する機会を奪ってしまう。反面教師でしっかりとしていくということ。

逆に親が優秀過ぎると子供にとってはプレッシャーかかるでしょうね。バカになると言っても限度はあると思いますが、実は僕のお父さんすごい人だったんだとどこかでわかるくらいでいいのではと思います。

それに外でキリッとしていて家に戻ってまでも力が入っていては疲れきってしまいますね。


まあとにかく1歳になったことだしこれからは外に積極的に連れ出しいろんな経験をさせたいと思います。


人間それぞれの作り出し見ている世界は各々異なっていて、広げようと思えば無限に広がっていきます。

幸せな人生と感じるかどうかはその世界をどこまで広げることができるかが重要と思っています。


自分はここまでの人間だと思ってしまえばそこまでの人間だし、もっとできると思えばさらにできることも広がってゆく。

ディズニーの映画に”魔法にかけられて”と言う作品があるのだけれど、あの映画のテーマもそこにあって忘れているものを呼び覚ましてくれます。

主人公ジゼルが魔法の世界から現代世界に迷いこみまわりの人をはちゃめちゃに巻き込んでいくと言うストーリー。とても笑えておもしろいのですが、そんな主人公のなにも人間社会の常識と言ったものに毒されていない純真な心が見ている人の心に訴えかけてきます。


人は子供のころできると思っていたことを大人になるにつれあきらめていってしまう。

空を飛べると信じていても飛ばないことが常識としてありそれを受け入れるうちに無理だと思ってしまう。

子供のころの想像力があればなんでも可能なのに自分で枠を作り規制してあきらめの自分と言うものを作っていく・・

幸せに生きている人、成功者と呼ばれる人は想像力、イマジネーションがあり子供の心を持ち続けている人が多いのではと思います。


自分の世界を、映画のなかで言う”幸福な世界アンダレーシア”にするのか”永遠の幸せなど存在しない世界、現代都市のニューヨーク”にするのかそれぞれの心次第。

ディズニーの映画はどれもそんなメッセージを発しているのだと思います。


この現代世界もまたひとりひとりの心が作り出しているもの。誰かに知らず知らずのうちに規制された枠をとっぱらい、みなが幸せになりたいと思い行動したときに変化していく。それが世の中をよりよく変える力になる。

人は産まれたきたことに意味があり、いらない人間なんていない。ひとりひとりの無限の力が必要なんです。



と話がそれた気がしますが・・ 今日は家で誕生日のお祝い。

一升餅を背負うというイベントを行いクロキの美味しいケーキをいただきました。


バースデイケーキ
バースデイケーキ posted by (C)sarapiano

一升餅
一升餅 posted by (C)sarapiano

一升餅
一升餅 posted by (C)sarapiano

一升餅背負うゆうま
一升餅背負うゆうま posted by (C)sarapiano




一升餅を背負う意味は

人間の一生とお餅の一升とをなぞらえて一生(一升)食べるのに困らないように一生(一升)健康に育つようにとの願いをこめて、これからも健やかに育つことを祈るとともに、1歳まで無事に成長したことを祝い、これからも健やかに成長することを祈ると言うことのようです。

地方によって呼び方は、誕生祝い餅、踏み餅・立ち餅・転ばせ餅・転ばし餅・背負餅(しょいもち)しょわせ餅・力餅など様々あるとのこと。

あと他には早くに歩けるようになった赤ちゃんは、「大きくなったら早く、親元を離れていってしまう」と言われていて、それを阻止しようと、誕生日に一升もちを背負わせる。(重たくて転んでしまうため)


といろいろとあるようですが、やはり一升もあるお餅はさすがにゆうまでも重かったらしく満足に歩けなく泣いてました(^^


ふだんあまりかまってやれてないですが、ほんとに日々成長してるのでこれからはもっと接する時間を作り見守っていきたいです。



人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス
www.sarapiano.com
-------------------------------♪
スポンサーサイト

コメント

*いーね~♪

なるべくしてその体力と好奇心を持ってるからね☆彡
自分の子だからこそ、信じるしかないよね♪
おめでとう!

*Re: いーね~♪

しんちろさん、吸収できるうちにたくさん経験させてやりたいです(^^ そのうち音楽系のイベントにも連れていってしんちろさんの歌声も聴かせてやりたいです~♪

*


雄馬くん
お誕生日 おめでとう!!

遅くなったけど 今日久しぶりにパソコン付けて読ませて頂きました!

お餅しょってるの可愛いね!

元気が一番!  又見せてね!
お誕生祝い遅れたけど 待っててね!!!

*

えみさん、コメントありがとう(^^

一生懸命お餅背負ってるのがいいですよね。動画も撮ってあるしまた3人で顔見せに行きますね~

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sarapiano.blog112.fc2.com/tb.php/1521-de935cfc
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)