FC2ブログ

Music life

sarapiano 音楽を通して心豊かに生きる

  1. ピアノレッスン
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

希望の光

ピアニスト吉永哲道先生の公開レッスンが春日井のFantasie-Impromptuにて行われました。

初日にはレッスン後にミニコンサートと言う形にて弾いてくださりましたが、ミニと言うよりけっこうしっかりとしたプログラムとなり一年の締めくくりに相応わしいものとなりました。

先生の解説も含めて印象的だったのがショパンのマズルカとベートーヴェン悲愴ソナタ。

ポーランドの詩人ノルヴィトが語ったと言う、

「ショパンは農民が野原に落とした涙をダイヤモンドに変えた」

と言うのを引用してまさにはかなくも悲しくいて美しい旋律をポーランドの土のにおいを感じるがごとく響きをホール全体に鳴りわたりました。

そしてベートーヴェンイヤーとして外せないソナタ悲愴。
ベートーヴェンの苦悩に満ちた人生、音楽家にとって耳が聴こえなくなった絶望、それに比べたら我々の悩み苦しみなどとるに足らないものだと、まさに音楽家である吉永先生だからこそその苦悩が身を持ってわかることを感じる言葉でした。

そしてちょうど図ったかのようにベートーヴェンイヤーに人類にとって苦悩が覆い被さった。
しかしベートーヴェンの音楽はその苦悩のなかから一筋の光を感じる、それがこの苦境から人類に〃希望〃を与えてくれるのだと言うのがその演奏に体現されていました。

ベートーヴェンの精神のごとく、絶望にも似た苦境の先に歓喜が待っている、そんな事を感じさせてくれる2020年のラストでした。

レッスンではなかなか思うように弾けていなかったスクリャービンについて的確なと言うかまったく別次元の方向からのアドバイスをいただきとてもとても勉強になりました。

そして来年の3月13日に同じFantasie-Impromptuにて吉永先生のリサイタルを行う予定です。

また2月8日には東京の紀尾井町サロンホールにてリサイタルがあります。

ホール全体を包み込み降りてくる倍音の含まれた音色、そしてそれに呼応し心に響く音楽を体感できます。




スポンサーサイト




  1. 食の話題
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

クリスマスケーキ

今年のクリスマス会に登場したケーキの数々✨







なかでも映えたのは西野氏が持ってきてくださった大阪のカップケーキ。見た目だけなくお味もピカイチです😊

あとは家でのクリスマス会のスタンダードなケーキ。
子どもはスタンダードなのが好きと。

もうひとつは仲間内のクリスマス会で手作りしたオリジナルケーキ。買っていくつもりがお値打ちなものが見つからず、それなら作ってしまおうと材料買っていって作りました笑

チーズフォンデュやチキンなどみんな持ち寄り料理で楽しい時間でした。

なんだかんだ美味しいものがたくさんで、年末年始は太る事間違いなし。要注意ですが、、幸せですね。






  1. エンタメ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

雑誌ショパンのねことピアノ特集に萌え

今月号の雑誌ショパンの表紙にやられました(*´Д`*)

ねことピアノ、欠かせない組み合わせ!?

ネコ飼いたい熱が加速してしまう内容。

内容は猫好きのピアニストさんの特集記事など。


猫好きのピアニストさんと言えばフジコヘミングさん。
御多分に洩れずしっかりと記事になっていました。あんなふうに猫ちゃんに囲まれてピアノを弾いて生きていけたら最高ですね。

ピアノの音色はネコに癒しをもたらし、ネコは弾き手に癒しをもたらす、よい循環がおきるようです✨


そういえば昨日はフジコさんのリサイタルへ最近足を運んできたと言うお客さんでした。

横浜みなとみらいホール、ベーゼンドルファー にて弾かれたそうです。88歳、だいぶお身体も弱ってきたのが見受けられたそうですがピアノから出る音色が素晴らしく感動の演奏だったと熱く語っていただけました。

いつまで聴けるのかわからないようなお歳となってきましたが、今のうちに一度聴いておきたいものです。


他に最近お客さんからよく聞くピアニストのお名前と言えば牛田智大くん。
〃くん〃ではなくもう〃さん〃と呼ばないといけない年齢ですが、あの幼い頃のイメージが頭に残っています。

小学校は名古屋の笹島との事でこの地方にゆかりはあるのですが、そんな枠にとらわれずに活躍している感じ。
特に女性ファンが多く、さわやかで清潔感あり好青年、それも相まってその演奏が多くの人を魅きつけるようです。
フジコさんと牛田くん、今や常にホールを満席にできるクラシック界の花形と言うのが実感です。




  1. いいもの
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

心身共に豊かに

今回の出張では思いがけず素晴らしい機会に恵まれてそれはこれまでの考えを変えるほどのものに出会えました。私の中では結構な衝撃。

やはり良いものに触れる事は人を豊かにしてくれる。それを改めて実感することができた。ほんとうにありがたい事。

ひとつはオーディオ、その昔ステレオと言ったものですが、なにせ今の最新高級オーディオは凄い!

CDにはこんなに多くの情報が入っていたのかと驚かされる音がスピーカーから出てくる。それを引き出せるCDプレーヤー、それを肌で体感して様々な事を思わされた。
それは今までの既成概念が変わってしまうほどで、まさに演奏している本人がそこにいると感じてしまうほどの立体感。

それを自分好みの環境で作りだせるのだからこんな楽しい事はない。オーディオ好きの人の事が少し理解できた。

もうこれは生演奏とは別のものであって生演奏を再現すると言うよりも、記憶された音源をいかに魅力的に再現するか、そこには音を作り出す楽しさがある。

これであればもうコンサートやライヴには行かなくても良いと思えるほどで、いやむしろ環境の良いか悪いかわからないようなコンサートへ行くよりかは確実に良いものが聴ける。
世界の超一流の演奏を自宅で聴けるのだ。こんな贅沢な事はない。
特にクラシックやアコースティック系のコンサートは環境に左右されてしまうので、オーディオで聴くのもありだと思う。

自分もオーディオにこだわってこもろうかしらと思ってしまう。
もちろん生演奏がいいには決まっているのですが… それにも引けを取らないオーディオの魅力を明確に認識しました。

オーディオ環境の見直しをしたいと思います。
現状できる範囲で。。

ふたつ目は銀座アスターの中華を初体験した事。
こちらも中華の概念が変わる味で手間をかける、こだわると言う事はこういう事だと言うのをその料理のひとつひとつから感じました。

良いものはいくら食べても胸焼けしない。食材の質が違う、一度食すと忘れられない味です。

音楽に食に、良いものを吸収し免疫力が高まったのでこの冬を乗り切れそうです。
ウイルスに負けない身体作り、医療従事者の負担を減らすためにも。心身共に豊かな生活を目指す、それへの道が望む全ての人へ敷かれてますね。






  1. Twitter
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

12/16のツイートまとめ

sarapiano

明日は積もる 23時頃の様子 https://t.co/UOZRA90XvR
12-16 23:35




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Masayuki Saraie

Author:Masayuki Saraie
SARA PIANO

珈琲とピアノと猫をこよなく愛する

ピアノ調律師 更家雅之


楽器が求め、演奏者が求めるベストな状態へ

音の職人、更家雅之の日記や想い

ピアノや音楽、日常を通して出会う人たちとの 交流から日々考えさせられ思ったことを、日記を中心に更新中。


音楽はどんなジャンルでも大好きで聴くこと演奏することが趣味

音楽と歩んできた人生、辛い時、楽しい時、そばにはいつも音楽がありました。音楽によって救われた時期も。

そしてピアノを弾くと心が落ち着きます。

近年、調律や音楽が心に及ぼす影響を研究中。

音楽は心の世界への扉 、そして心そのもの。


ピアノ、音楽を通してこの時代に”心豊かに生きる”を実践しています。

>>ホームページ

オーダー

ピアノ調律修理依頼


メールフォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

閲覧者カウンター

現在の閲覧者数:

twitter

MY PAGE