FC2ブログ

Facebook Page

スポンサードリンク

Home>2020年05月26日  TotalPages1

この3ヵ月が命運を分けるか?!

2020.05.26 Tue

コロナ騒動もひと段落した感がありひととおり情報が集まってきたかと思います。

随時情報収集はしていましたが、結論として最初の頃に考えていた事に今のところ帰結した感じです。

新型と言えどもウイルスに違いはないのであって、基本的には他のウイルスのように対応していけばよいと言う事です。

日本であまり広がらなかった原因として様々に憶測が飛び交っていますが、私が考える一番大きな要因は気候だと思っています。

インフルエンザなどのウイルス同様に高温多湿になればその活動は鈍くなり、低温過乾燥になればその感染力は活発となる。

イタリアなどで流行したのは乾燥する気候が関係していると考えられる。

それに感染者数や死亡数にはカラクリがあり、直接的な新型コロナの死亡に加えて間接的もしくはまったく別の病気で亡くなったかたもその数に入っていた事が発覚してきており日本が少なかったと言うデータもあまりあてにならない。


日本は衛生的な国なのでそれも幸いしたかと思いますが、逆に衛生的過ぎて人の免疫力は下がっているのでプラマイゼロかなとも考えます。

ニューヨークの浮浪者がコロナウイルスに罹っていたけども発症しなかったと言う情報もあり常に様々な菌が身近にある環境であれば自然と免疫を獲得していると考えられる。

今回の新型コロナが過大に特別扱いされている原因は罹ると死亡する可能性があると言う点。だけどもそれはどんな病気にも言える事であってインフルエンザで年間死亡する人の数を調べれば驚くだろう。

ただ新型コロナはインフルエンザと同様に体力のないご高齢のかたが亡くなるのに加えて、持病持ちのかたも亡くなりやすい。
それはエイズウイルスの要素が入っているウイルスなので免疫系が破壊される可能性がある事が要因としてあると考えられる。
免疫暴走のサイトカインストームがこれと関係あるのかは専門家でないのでわからないけれど、免疫になんらかの影響を及ぼしている。

おそらく自然免疫が弱い人で獲得免疫がない人がウイルスの侵入を許し、免疫破壊に進むと思われる。

しかしそこまで進行する人は割合からいってかなり少数。多くのかたは自然免疫の力で無症状に終わるか数期間熱が出て終わる。

結局その重症化したケースがクローズアップされて恐ろしいウイルスと言うのが強調される結果になった。

気候などの環境的な要因が大きいとするなら秋から冬にかけてまた流行する。

この毎年流行するであろうコロナウイルスに対して付き合っていかなければならないのでそれに対して意識を変えていかないと社会活動ができない。

ウイルスに対する最低限の対策はこれまで同様にするとして正しく恐れるように人の意識を変える必要がある。

そして人間の力である自然免疫を高める事を各々がやっていくのが最も感染拡大を防ぐ最善の方法。

ワクチンなど獲得免疫はウイルスが変異したり違う型が出てきたら対処できず、更には自然免疫を弱める事に繋がるので解決にはならないと考えます。

とは言ってもおそらく冬になりインフルエンザのように流行してくると再び自粛などの事態になるだろう。

これを防ぐには一般市民の意識が変わり反対の声をあげない限りは実行されるので日本では特に難しいと思われる。

経済的に今はなんとか生き延びている人も多くは一過性に過ぎず本番はこの秋冬だろうと思われる。

国からの支援もこれ以上はできないと言う事になり多くの人が仕事を失う、そうなるように持っていかれる、トドメをさされる事になる。

この3ヵ月くらいでどれだけウイルスに対する対策ができるか(主に風評に対する)、生き延びる術の道筋を付けられるかが命運を分ける気がする。

ウイルスに対しては素人なので間違っている事もあるだろうし(自分のなかでは自信がある)読み流してもらったとしても後半の経済に対する見方は間違ってはいないと思うので心に留めてもらえると幸いです。

良くも悪くも変化しなければ生き残っていけない状況となりそうです。

スポンサーサイト



05/25のツイートまとめ

2020.05.26 Tue

sarapiano

今日の一杯はお食事処鈴屋さんのアフターランチ珈琲。ランチのチキン南蛮のきめ細かな味付けがおいしく、珈琲も喫茶店に負けず劣らずの本格的なものでした。ごちそうさま https://t.co/xzyUM4YleF
05-25 13:29