Facebook Page

Home>2017年02月01日  TotalPages1

みみをすます ~モリコロパークイベント

2017.02.01 Wed

正月休みに家族でモリコロパークへ行ってきました。ここは愛知万博の跡地にできた記念公園。当時何度か足を運んだ2005年の愛・地球博。

もう10年も前の出来事となってしまったようです。

http://www.expo2005.or.jp/jp/

公園になってから(正確に言うと公園に戻った、以前は青少年公園)と言うもの一度行ってみたいと思っていたまま歳月は過ぎ…。

今回は近場で子どもが遊べるところはないかと探したところモリコロパークが良いと言う身内の意見もあり行ってみることになりました。

http://www.aichi-koen.com/moricoro/

万博会場が広かった事もあり園内とにかく広い。広過ぎて歩くのは大変、ほとんどが子どもの遊び場がある施設にいました。

大型の遊具があり、ちょっと変わった形をしていたりで遊具とはいえ芸術的なものも感じます。予測の付かない出入り口だったり、隠れ家的だったり子ども心を刺激する感じでうちの子も大半の時間を遊具で遊んでいました。

その施設愛知児童総合センターの中の一角にワークスペースがあり、この日は″みみをすます″と言う標題でねんどの造形と音を出す展示物の催しをしていました。




ねんどのほうは音を表した言葉をテーマとしてそれぞれ与えられ、そこから想像の形を自ら作っていくと言うもの。

見本がないと言うのはなかなか難しいものでしたが、自由なので楽しかったです。形のない音をあえて形にするのは新鮮でした。

音の出る展示物のほうは様々な物を使いどんな音が出るのか実際に鳴らしたりしながら体感しました。










砂利の音だったり木や陶器を叩く音だったり、日常で気にとめない音に対して耳を傾けました。私は職業柄普段から何気ない音を気にとめていたりするので新鮮味はなかったのですが、音の出るアートとして楽器ではないもののそれ自体が発する音と外観をトータルで芸術的なものとして感じました。














今回なにより良かったのは子どもが体感できた事です。音の出るものに実際に触れて何か感じ取ってもらえていたらと思います。

たまたま良い企画が開催されていて、遊びだけでなくアートを自然と身近に感じられる機会が有り難かったです。

この施設は子どもも気に入ったとの事だったのでまた連れていきたいと思います。




スポンサーサイト