FC2ブログ

Facebook Page

スポンサードリンク

Home>2011年03月09日  TotalPages1

トップノート第10回発表会

2011.03.09 Wed

先週の日曜は名古屋周辺で活動しているピアノサークル”トップノート”の発表会でした。


発表会プログラム
発表会プログラム posted by (C)sarapiano



このサークルは今回で10回目をむかえる発表会。この地方では歴史(?)のあるサークルとなってきました。


普段の活動は2カ月に一回ほどのペースで個人のサロンや公共の練習室をお借りして音楽会を開催しています。

発表会は年1回この時期なのですが、毎回参加メンバーも少しずつ入れ替わったりしています。趣味で音楽を楽しまれているかたばかり。

ジャンルも様々で、今回は1部が連弾やアンサンブル中心、2部がポピュラー系、3部がバリバリクラシックといった感じでした。


[第Ⅰ部]

「さんぽ」(久石 譲)

「走れこうま」(B.ジョイナー)「はなうた」(シューマン)

「ハイ・ホー」(F.チャーチル)「マーチ」(外国の曲)

「2台のピアノのためのソナタ ニ長調 第1楽章より」(モーツァルト)

「主よ、人の望みの喜びよ」(バッハ)

「バレエ『眠れる森の美女』より『ワルツ』」(チャイコフスキー)

「ソナタ Op.6-1」(クレメンティ)

「ピアノソナタ K.310 第1楽章」(モーツァルト)

「ヴェネツィアのゴンドラ漕ぎ」(パルムグレン)

「ノクターン16番 Op.55-2」(ショパン)

「ワルツ19番 イ短調 『遺作』」(ショパン)

「ワルツ『芸術家の生涯』」(ヨハン・シュトラウス)

「1メロディ 2.兵士の行進 4.コーラル 8乱暴な騎手 (「ユーゲントアルバム」より)」(シューマン)

「『映像』より『金色の魚』」(ドビュッシー)



[第Ⅱ部]

「涙そうそう」(BEGIN)

「桜」(コブクロ)

「ジブリメドレー」(久石 譲)

「幻想小曲集 Op.73-1」(シューマン)

「さくら」(森山 直太朗)

「アイラブユー」(尾崎 豊)

「メロディーズ・オブ・ラヴ」(ジョー・サンプル)

「日本の歌メドレー(さくらさくら~海)」(カーメンキャバレロ編)

「I’LL CLOSE MY EYS」(Billie Reid)

「The Mule Walk」(James.P.johnson)

「Walts For Debby」(Bill Evans)

「ソネット Op.№3」(シベリウス)「バタフライ」(末光篤)

「Days of Wine and Roses」(Henry Mancini)

「ゲーム曲メドレー」(いろいろ)

「ゲームミュージックメドレー」(植松伸夫 近藤浩治)



[第Ⅲ部]

「シャコンヌ」(バッハ=ブゾーニ)

「ノクターン第10番 変イ長調 Op.32-2 」(ショパン)

「別れの曲」(ショパン=ゴドフスキ-)

「エチュード Op.8-3」「エチュード Op.8-12」(スクリャービン)

「小人の行進」(グリーグ)

「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」(ドビュッシー)

「ソナタ KV332 第3楽章」(モーツァルト)「イタリア協奏曲 第3楽章」(バッハ)

「ノクターン20番 Lent con gran espressione」(ショパン)「愛の夢 第3番」(リスト)

「ワルツ第2番 Op.34-1『華麗なる大円舞曲』」(ショパン)

「ソナタ第2番『葬送』 第1楽章」(ショパン)

「波を渡るパオラの聖フランシス」(リスト)

「音の絵 Op.33 no.1・2・7」(ラフマニノフ)





私は今回JAZZアレンジの曲”酒とバラの日々”でのエントリーでしたので2部での出演となりました。

楽器もピアノだけでなく、歌あり管楽器あり、和楽器ありの構成でなんでもありなのがこのサークルの大きな魅力のひとつです。個人的にはいろいろな音楽が好きなのでとても居心地のいいサークルなのです。


そして今回もピアノ調律のほうをお手伝いさせていただき、なんとか時間をいただけたのでできる限りいい状態へすることができました。数年前までは調律もされていなくて、あまりに狂っているピアノでの本番と言うこともあったのでこれはなんとかしたいと思いご相談させていただいたのです。

ただ毎回40人以上のプログラムですのでリハの時間を取るとなかなか調律まで時間がまわりません。公共の施設は9時開館と決まっていてそれから舞台にピアノを設置すると9時半近くになります・・(リハ10時~


それでも今回は幸運なことに保守点検(※定期的に調律とは別にピアノの全体の調整をする作業)をし終わった後とのことでピアノの状態もよく短時間でもある程度仕上げることができました。

ホールのピアノ調律は音を合わせる作業はできても、中のアクションまで手を加えることは基本的にはNGとなっています。あきらかにおかしかったり土台を変えない”微調整”は許される範囲ですが、整調や整音は保守点検時に行うものです。

なので弾き具合やタッチまでは調整できないのですが、音によっても人間の感覚はタッチなどに影響が出るので調律は重要です。

せっかくみな練習してきての発表なので気持ちよく弾いてもらいたいですもんね。それにこのサークルは僕の人生の大事な一部になっているので恩返しできたらと言う思いが強いです。



さて肝心の演奏のほうですが、今回は完全に譜面を見ての演奏となってしまいました。

目指すところはメロディ譜だけでのアドリブありの演奏だったのですが、とてもそこまで到達できず書かれてあるアレンジ譜をなんとか弾くと言うことになりました。しかもだいぶ脱線して弾いてしまった。


へたに譜面ばかりに頼っているので中途半端な状況ですが、とりあえずアレンジ譜からいろんな音のつくり方を吸収できればいいなと思って弾いております。

最近はまとまった時間がとれないのでちょびちょび練習スタイルですが、少しの時間があれば弾くと言う感じで精進していきたいものです!


他の方の演奏は今回ひとりも聴き逃さず耳をダンボにして聴いてました。いろいろな弾き方や音色があって全然飽きないんです。ピアノって調律でできることは限られてるけど、それプラス演奏者の感性が加わると実に多彩な音色を奏でるのです。

このピアノからこんな音が出るんだー、と言うような調整時には思いもしなかったような音に出会い感動するのです。

みなさんの演奏を聴いてかなり刺激受けました。


最近はトップノート以外にもプチオフ会や練習会なども盛んに行われていて全体的にレベルアップが感じられます。集まって弾くとお互いにいい影響を及ぼしあってるのがいいでしょうね。自分も置いていかれないように、自分のペースを守りつつ楽しんでいきたいです♪


プレッシャーに感じたり苦しいこともありますが、基本趣味の世界なので楽しめて自分の人生に彩りを添えられたらベストですね(^^


そして毎回、影で発表会を支えてくださっている主催のSさんはじめ撮影や監督係り、舞台裏方、アナウンス、プログラム作成などのお手伝いの皆さまありがとうございました。



P.S  恒例の打ち上げは今池の魚料理専門の飲み屋さんでした。お酒が出てくるのが遅くて幹事のD氏が吠えてましたがみなの顔が見渡せる適度なお部屋でワイワイ楽しかったです。打ち上げメインできてるような人もちらほらみえましたが(笑


ピアノサークルトップノート


舞台裏にて
舞台裏にて posted by (C)sarapiano



人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス
www.sarapiano.com
-------------------------------♪
スポンサーサイト

03/08のツイートまとめ

2011.03.09 Wed

sarapiano

定期的にピアノBGM演奏している豊明のロシア料理甘藍さんが夜24:30から中京テレビに出ます。ブラマヨとはんにゃが出る番組でマスターとのからみがあるらしいです。起きてるかたは是非に~
03-08 12:24

今年は準備ができてるので、年度末も予定どおりいけそうなり。ピアノをどの時間で練習するかが課題か。
03-08 09:38

ちょっと花粉にやられ気味ですが、頑張りますよ~ 風強いけどええ電気や。
03-08 09:37

NEW ♪ 投稿 03/07のツイートまとめ - sarapiano 書きたいことはいろいろたまってますが、とりあえずピアノサークルの発表会が終わりほっとして.. ♪ http://am6.jp/ePkoSH
03-08 09:28