FC2ブログ

Facebook Page

スポンサードリンク

Home>2009年12月05日  TotalPages1

YOKOI-MEMORIAL-ORCHESTRA / Swing

2009.12.05 Sat

水曜の夜は故横井園生先生の追悼コンサートへ栄の芸術劇場まで行ってきました。

8月に亡くなられたとのことでした。


名古屋音楽大学名誉教授 横井園生先生 追悼演奏会


meion.jpg




私の習っていたピアノの先生のお父さんでもあるかたで、名音大のほうでご活躍されていたかたです。

近々名音大の名はなくなるとのことで、一つの時代の変わり目を感じます。


Image015_20091205005804.jpg



コンサートホールにはたくさんのかたがつめかけていて故人のお人柄が偲ばれました。

コンサートプログラムは思い入れのある選曲とのこと。


そしてこのために結成されたと言うヨコイメモリアルオーケストラ。

久しぶりのオーケストラの弦の音。ピアノとは違う魅力で感動…



ピアノは演奏者が関与できない領域があり、それに少なからず左右されたりするけど、弦楽器を始めとしたオーケストラの楽器たちは個々に弾く人が音色をある程度コントロールできるので純粋な音が聞ける。

オーケストラの魅力は言葉にしがたいです。



曲目

■マスカーニ

カヴァレリア・ルスティカーナより間奏曲

■アルビノーニ

弦とオルガンのためのアダージョ

■ラフマニノフ

ピアノ協奏曲第2番

■ベートーヴェン

交響曲第3番 英雄



ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番は好きで何回も聞いているけど久しぶりに聞けた。


僕が聞いても、んーと言うところもあったけれどやはり生はいい!

生のオケの迫力。なんとも贅沢です。


しかしラフマニノフのコンチェルトはピアノをよほど鳴らさないとオーケストラにかき消されてしまう…

そのためにはホールで圧倒的によく鳴るスタインウェイでなければならない。

キレイな音出してても聞こえなければ意味がないから。


モーツァルトのコンチェルトなんかはウィーンの名機ベーゼンドルファーがいいだろうし、ほんとは演奏する曲によって使い分けが必要になる。

それが無理だから無難なオールマイティーのピアノが選ばれることになるのだけど、ある意味つまらない話です。

ホールごとにいろんなピアノが置いてあっても面白いのですが・・


ここのホールはベーゼンドルファー専用。

ここのホールはベヒシュタイン専用。

ここのホールはファッツオーリ専用。

ここのホールはプレイエル専用。

ここのホールはディアパソン専用。


とか、その使用されるピアノによってホールの造りも異なるとか。

それこそほんとの芸術ですよね。個性出してなんぼですから。


そんないくつもの空間がある建物を作れたら面白い! 誰かお金の使い道がわからない人がいたらこの話にのって欲しいもんです(笑い

話題になりますよ~



この日はとにかく弦に感動し、マスカーニのカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲は個人的にとてもよかった。

横井先生の教え子さんによる演奏素晴らしかったです。




芸術劇場をあとにし、旧友の待つ東桜のジャズライブハウス、スイングへ歩いて移動。

Swing

旧友の習ってるドラマーが出演されると言うので楽しみに向かった。スイングは以前の職場の近くでもありうわさは聞いていたので行きたかったところ今回実現した。


地下にあるその箱はまさにジャズのライブハウスと言った感じでニューヨークにでもいる感じ(行ったこたあないけど)。

サックスとドラム、ベース、ピアノの編成。ドラムの先生のテクニックすごかった。いろんな音を使い分け、こんなにいろんな音が出るんだと思った。

ピアノのかたの激しいプレイは憧れる感じ。以前にも聴いたことのある特徴ある弾き方で惹きこまれた。

ジャズはお酒や食事をしながら聴けるのがイイ。リラックスしてときにはおしゃべりしながらまさに音を、雰囲気を楽しむ感じ。

ジャズ仲間が増え、今後更に楽しめそう♪


いろんな音楽を楽しめる日本はそれだけでも面白い環境ですね。先人のかたに感謝です。



人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス

www.sarapiano.com
-------------------------------♪
スポンサーサイト