FC2ブログ

Facebook Page

スポンサードリンク

Home>2008年08月20日  TotalPages1

悲しい人

2008.08.20 Wed

悲しい人を見た。

ピアノを弾けない状況にある(あった)と言うことを話す人がいるけどその気持ちが今はわかる。

実家ではピアノを弾くことができなくなってしまった。正確に言うと弾けない状況に追い込まれてしまった。

そういうことも許せない心のすさんだと言うかゆとりのない人間が増えているんだなと改めて感じた。

他人の目を気にして生きて、人生を楽しむこともせず、何が幸せなんだろう?

なぜ自分の考えを押し付けるのだろうか?
いろんな生き方があっていいはずなのに自分のように生きろと言う。

顔を見ればやめろやめろの一点張りだ。

自分以外にもいろいろと原因はあるんだが正直うんざり‥。
うまくいってきた人間は自分のやりかたが一番正しいらしい。全く聞き耳持たず考え方が凝り固まっているし。

説得されようとすればするほど人はそのとおりにはならないと言うことがわからないのだろうか?
自分の不満をぶつけてるだけに過ぎないような人間の言うことに人の心が動くはずがない。

自分の考えが、親が思っているように変わることは"100%"ない。
それは自分を否定することに等しいからだ。

でも他人の違う考えを認めることはできる。正しいか間違ってるかじゃない。大事なのはその違いを認めることなんだと思う。

あなたたちの育てかたが間違ってたんじゃない。親と子と言うのは別の人格。
だから親殺しなんて事件が起きる。ひとりの人間として認めること。僕は自分に子供ができたらそう接したいと思う。

だから顔を合わせるとどうしても言い合いになってしまう。

何を言われても反論などせず粘り強く説明していくしかないんだと思う。今回学んだ。そして結果を残していくしかないんだと思う。
いい家に住んだり、いい車に乗ったり、いい会社に入ったり、そんなことに全く価値を見出だしてないし、そんなことを聞いたり見たりしても、ふーんと思うだけ。お金があまりあればそんなこともしたいけど、自分のしたいことや生活に必要なための手段に過ぎない。そのための努力を日々するだけ。
2つの楽器店を辞めるにも全く躊躇などなかった。
なにより今は素晴らしい仲間、妻に囲まれ幸せだ。

肩書きがや地位が取れて素で向きあったとき中身のないつまらない悲しい人達。寂しいかわいそうな犠牲者だと思う。

しばらく距離を置こうと思う。

自分のことを何も理解しようとしないマイナスなことばかり言う人間と付き合っていたって何もいいことはない。

よくプラスの考え方を持った人間で周りを固めろとメンタルトレーニングでは言うがその意味がよくわかる。

気がかりなのはそれを今全て受け止めているだろう弟だ。

自分がやらなければならないことはあまりにも多い。

弟に電話したらサバサバした声で前に進むだけと言った感じだった。
弟も成長してるんだ。逆に勇気付けられてバカだ、自分は。
スポンサーサイト