FC2ブログ

Facebook Page

スポンサードリンク

Home>2008年07月09日  TotalPages1

モンスターペアレント 08/7月8日の日記

2008.07.09 Wed

ヨシズヤ北テラス店へ行きコメダで一息して事務仕事、メールチェック。
イーモバイルはどこからでもネット接続できるから便利。
あまり動かないように省エネ。津島近辺に引きこもり生活。おかげで運動不足だ。

買い物して津島の図書館にCDを返しに行き帰宅。
電話連絡等をしてたらあっというまに日が暮れた。
いろいろあり少しへこみ、考え、答を自分なりに出し解決した。そんなことの繰り返しでなにかが得られていくのだろう。

新しくきたプリンターのセットアップも終わり、ようやく暑中見舞いや案内はがきの作成にとりかかれそう。

だいぶ夜は涼しくなってきてすごしやすくなってきた。
そのためついつい夜更かししてしまう。

毎日後悔なくすごせてることが唯一の救い?
物足りない部分を補い前にどんどん進まなければ。

ぽんたさん帰ってきてトラブルあったらしく疲れてた様子。最近いろいろある感じで大変そう。
そんな中TVで”お客様は王様か?”とドラマ、モンスターペアレントが始まったので見ながら夕食。

密かに楽しみと言うか興味ある話題だったので見入った。
前者のほうは笑い話も入っていてまああるよねって内容だったけれど、モンスターペアレントのほうはけっこう考えさせられる内容だった。


このドラマは題名的に言ってわがまま理不尽な親がなんくせつけるのをドラマにするのかな、と思っていたけど、ただそんなことを言いたいだけの内容ではなく、なぜモンスターになるに至ったかの経緯もあり興味深かった。

そのような背景から、現代社会の根深い問題が垣間見えるような内容だった。都会の人間関係の希薄さの中で生きる孤独、寂しさ、そのモンスターと化した当人の問題だけでなく社会全体の問題なんだと言うところも訴えていた。社会のひずみがそこに現われているのだという問い。他のすべてを犠牲にしてでも仕事に打ち込む日本社会のひずみ。そんなことにも焦点をあてていると思った。

そしてモンスターペアレントと呼ばれる当人がそのような問題をわかっていても、他人に対して理不尽さを要求するところが、根が深い病に侵されている現代社会の問題なんだと思った。相手の気持ちをわかっているのに、間違っているとわかっているのにその行為に突き進む。自分たちが一番、自分たちが一番かわいい、自分だけが損をしたくない、自己中人間、わかっているのに自分たちのことしか考えない。これはいったいなんなんだろう?

いろんな社会の不信が明らかになり、人は信用できない、国も信用できない、自分たちで自分の身は守るしかない、何が信用できると言うんだ?と言う国や企業に裏切られ続けてきた国民の心の奥に住み着いてしまった不信がそうさせているのだろうか?

確かにそう言ってる自分自身も、何も信用できないと言う気持ちはあると思う。それが悪い方向に出ると傲慢、わがままな人間として表に出るのだろう。

このドラマは今後も見てみようと思う。
スポンサーサイト