FC2ブログ

Music life

sarapiano 音楽を通して心豊かに生きる

  1. 美術館展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

刈谷市美術館 内藤ルネ展

内藤ルネ展 “ロマンティック”よ、永遠に

2008年 4月26日|土|-6月1日|日|

開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休 館 日
4月28日(月)、30日(水)・5月7日(水)、
2日(月)、19日(月)、26日(月)

入 場 料
一般:800円(600円)、高大生600円(400円)
*中学生以下は入場無料。
*( )内は前売及び20名以上の団体料金。
*身体障害者・精神障害者保健福祉・療育の各手帳所持者
及び付き添いの方(1名)は入場無料。手帳をご持参ください。

刈谷市美術館ホームページ

http://www.city.kariya.lg.jp/museum/runenaitoi.html


内藤 ルネ(ないとう るね、1932年(昭和7年)11月20日[1] - 2007年(平成19年)10月24日)は、愛知県岡崎市出身のイラストレーター、デザイナー。本名は内藤功(ないとういさお)。

19歳で抒情画家の中原淳一に師事し、1950年代半ばから 『ジュニアそれいゆ』 など少女雑誌にイラストや人形作品を発表。童顔でファッショナブルな少女画で人気を博し、口絵や付録、人形や雑貨のデザインなどで幅広く活躍したほか、1971年に発表した「ルネパンダ」は、翌年の日本でのパンダブームのさきがけとなった。 1990年代、趣味で集めた人形の美術館の計画で詐欺に遭い、ほぼ全財産を失うが、僅かに残された静岡県修善寺町の土地に、2001年「内藤ルネ人形美術館」を開館させた。2002年、東京で初の回顧展が開かれたのを機に新たなファンを獲得。かつて出版した著書が復刻されるなど再び脚光を浴びた。 また、長年に渡り男性同性愛雑誌の 『薔薇族』 で表紙を描いたが、2005年に出版した自伝の中で同性愛者であることを告白した。

2007年10月24日、急性心不全のため死去。享年74。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)



刈谷のお客様に教えていただいた内藤ルネ。岡崎出身のアーティストと言うことで興味わきました。

画風がとてもかわいらしく若い子の間でも人気あるようです。他の展覧会とは違った雰囲気がありますね。内藤ルネを知らずに行っても見るだけでも楽しめそうです。

昨年亡くなられたとのことですが、昭和の戦争の時代を生きながらこのようなロマンテッィクな絵を描き続けた生涯は人々に夢を与え続けたことでしょう。
スポンサーサイト



テーマ : アート・デザイン    ジャンル : 学問・文化・芸術

  1. 日記・日報
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

08/6月1日の日記

ぽんたさんがひとりシフトでレッスンもないとのことでヨシヅヤへ顔だしに出かけた。
お母さんも一緒にランチするとのことで迎えに寄り向かった。

3人でキャッツカフェでランチ。買い物の間ピアノを弾けた。グランドで弾きまくり気分よくなった。お母さんを送り届けたら支援物質をくれて嬉しかった。

そのまま昭和区のうみそらサロンへ。月1うみそらカフェの日。
着いたらさっそくたくさんのお客さんの前で弾かされてしまった。緊張する間もなかったから良かったけどあまり人に聞かせられるような状態じゃない…
来週までになんとかせにゃいかん。
くりちゃん、shinoさんはさすが落ち着いて聴かせてくれました。レベルアップしていくふたり見習いたいもんです。

帰り際サロンのピアノをダイタクさん、エールくんとで移動しアップライトピアノのほうも弾ける状態へ。
グランドは観客から指が見える配置にし見た目もかっこよくなった。前より緊張するかもしれないけど雰囲気は更によくなった感じ。自分の意見で配置を決めさせてもらい申し訳ないような感じだったけどsoraさんも喜んでくれてたみたいなのでよかった。

うみそらサロン



  1. 日記・日報
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

08/5月31日の日記

朝起きて支度し岡崎のお宅へ。消音ペダルの調子が悪いとの事。

到着しさっそく中を開けてみる。ペダルを支えている部品が外れていた。外れないようピンを打ち込み対処。不測の事態に備えていろいろ部品を持ってきたけれど使わずに済んで良かった。

早く終わったためピアノショップG店へ。展示品の中から弾いてみたりして目ぼしいのがないか探した。iさんに説明うけていたら調律師のOさん登場。3人で話をしばらくした。共通の知り合いのYさんにTELしたりしてつながりがまた広がった。

一度帰って夕方から会う4号さんに渡す広告の原稿をパソコンで作った。待ち合わせ場所の喫茶松に着いたらエールくんも到着。すでに中で待っててもらってた4号さんと合流。今月ある4号さんの所属する楽団の演奏会のプログラムに出してもらえるとの事。
エールくんに紹介してもらった4号さんからこのようにいい話をいただきありがたいです。こういうつながりとても嬉しいです。

夜は親から支援物資をもらい津島へ帰った。


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

Masayuki Saraie

Author:Masayuki Saraie
SARA PIANO

珈琲とピアノと猫をこよなく愛する

ピアノ調律師 更家雅之


楽器が求め、演奏者が求めるベストな状態へ

音の職人、更家雅之の日記や想い

ピアノや音楽、日常を通して出会う人たちとの 交流から日々考えさせられ思ったことを、日記を中心に更新中。


音楽はどんなジャンルでも大好きで聴くこと演奏することが趣味

音楽と歩んできた人生、辛い時、楽しい時、そばにはいつも音楽がありました。音楽によって救われた時期も。

そしてピアノを弾くと心が落ち着きます。

近年、調律や音楽が心に及ぼす影響を研究中。

音楽は心の世界への扉 、そして心そのもの。


ピアノ、音楽を通してこの時代に”心豊かに生きる”を実践しています。

>>ホームページ

オーダー

ピアノ調律修理依頼


メールフォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

閲覧者カウンター

現在の閲覧者数:

twitter

MY PAGE