FC2ブログ

Facebook Page

スポンサードリンク

Home>Twitter(カテゴリ)  TotalPages347 next

09/16のツイートまとめ

2019.09.17 Tue

sarapiano

お客様の音楽ホール新築の地鎮祭へ参加させていただき、ランチにうなぎをいただきました。東区にある有名店しろむらさんが春日井にオープン、一色産、伊勢神宮奉納うなぎとの事。御所みたいな畳のお部屋でした。卵黄をかけるのは初体験、最後のひつまぶしは安定の美味さです。 https://t.co/phdEUeFU5S
09-16 19:12

スポンサーサイト



09/15のツイートまとめ

2019.09.16 Mon

sarapiano

念願のカフェしょぱんへ家族とばーちゃんとで行ってきました。名物のサイコロ食パンを美味しくいただいてきました。モーニングは420円でこの食パン一斤が付くそうです∑(゚Д゚)これでピアノが置いてあったら最高だなぁ笑 https://t.co/uxd8Z2CS6K
09-15 19:16

09/10のツイートまとめ

2019.09.11 Wed

sarapiano

アップルの行く末とは ブログ更新https://t.co/PnAV29i6WH
09-10 22:45

09/06のツイートまとめ

2019.09.07 Sat

sarapiano

シュタイングレーバーの調律。2回目となりますがその変化も見ながら合わせていきます。シュタイングレーバー&ゼーネはスタインウェイよりも歴史が古いバイロイト発祥のピアノ。ドイツらしい気骨ある音、ヨーロッパの香りが確かに感じられます。鳴りの豊かさ、倍音も多く調律していても気持ちが良いです https://t.co/61rhf5ZLSG
09-06 15:25

09/05のツイートまとめ

2019.09.06 Fri

sarapiano

現実的にはどんなピアノでも音色の幅が広がるように倍音を調律することに努めるのみ。常に音楽と共にある事を忘れてはならないと思う。
09-05 22:06

もちろんそこにはそれを引き出す楽器の調整、調律が必要であり、それは技術的な理屈では解決しない部分も多々ある。他のピアノでも調律次第では音色の幅はある程度広がるし、いくらスタインウェイであっても音色をなくす調律がされている事もある。
09-05 22:06

一般的に従来の日本の演奏者は手をガチガチに固めて弾くスタイルが多いためにそのような音が強調されて出てしまう。良くも悪くも敏感にその表現が強調されて出てしまうのがスタインウェイ。ピアノの音ではなくその人の音、内面が全て音になる。
09-05 22:05

欲しい音が出る、この感覚が表現者にとっては偽らざる現実であって、キラキラした硬い音しか出せない演奏の前ではそれだけのピアノと思われてしまうがそれは真実ではない。
09-05 22:05

その次元にいった人しかわからない世界がある。音色がこうだとか決められているピアノではなく、ピアニスト次第でいかような音も作れる、その音色の幅の広さが芸術家の自由な音楽表現を可能にしている。
09-05 22:05

ピアニストさん宅の調律へ。スタインウェイB型、10年ちよっと年数も良い感じに経って人間で言うと脂ののった年代と言う感じで良い鳴りをしている。スタインウェイが多くのピアニストたちに選ばれる理由は、一般的に思われている鳴りが良いとかキラキラした高音だとかそんな表面的な事ではない、 https://t.co/EaHBkFdFwL
09-05 22:04