FC2ブログ

Music life

sarapiano 音楽を通して心豊かに生きる

  1. 旅・テーマパーク
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

名鉄1700系 廃車回送

仕事へ向かう途中にいつもと違う道を何故か通ってみようと思い通ったところに人だかりが。

線路沿い、踏切があり、こ、これはもしかしてと… なんと去年から鉄道ファンの間で話題となっていた名鉄1700系の廃車回送が行われていた。

朝から陣取ってカメラをかまえる鉄道マニアの人だかりでした。

鉄道好きな長男から1700系の事をよく聞いていたので、これはちょうどいいところへ遭遇したので写真でも撮っておいたら喜ぶと思い近付いたが人だかりが多く場所を変えることに。

車に乗り込んでウロウロしてたら1700系の移動している踏切りに遭遇。
車停めて撮影に成功しました。ほんとに運がいい。





帰って息子に見せたら喜んでいて満足したようでしたが、翌日休みだったので電車に乗って再び現場へ行く事に。
港区の築港線と言う一駅しかない単線の路線の先に廃車スペースがあり、マグロの解体ショーのごとく壊されていく車体が披露されていました。








これも名鉄ならではのファンサービスなんでしょうか⁈

既存車両との細かな違いはよくわからないけれど、わかる息子は感慨深げに見つめていました。
鉄道マニアには独特な視点と言うか世界観があるなぁと感じます。

ピアノ好きな調律師がピアノの細かな違いで興奮するようなもんでしょうね笑

ようは違いを見つけたりレアなものに出会うとテンションが上がるわけで、今の均質性が求められる時代にあって個性を求める心と言うのは自然な素直な気持ちなのかなと。

名鉄には個性的な車両作りを頑張って続けて欲しいなと思います!






スポンサーサイト




  1. 旅・テーマパーク
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

名鉄電車祭り2017

名鉄電車祭りへ行くために名鉄電車へ乗って舞木検査場へ向かいます。

参加者限定の名鉄電車まつり往復切符が発売となるのでそれを購入して乗ります。


本宿駅へ到着して無料のシャトルバスへ乗り換え。しかしながら降りてから長蛇の列、40分ほど待ってようやく乗れました。





この日は陽射しが強く暑い一日でしたので子どもたちと待つのはなかなか大変でしたが、日陰も多くなんとか待つことができました。


いざ舞木検査場へ。名古屋方面から電車に乗ると途中電車で通り過ぎていくのでバスでは戻る感じになります。

4千名の抽選で当たった人が入れるイベントなのですが、会場内は人でごった返し見るのにも一苦労です。



電車の内部にも乗れたりするのですが並ばないといけなく簡単には体験できません。


お昼前くらいにみなさん来場するようでお昼ご飯も一苦労です。

お弁当持って外で敷物しいて食べるのが最も賢いです。


うちもパンくらいは持っていきましたが息子たちは足りなかったようで、お昼過ぎの空いた時間にようやく二階の食堂で食べる事ができました。
カレーとラーメン、それぞれ500円でそこそこ量もあり良かったです。

普段は社員食堂で使っている感じの食堂でした。


電車まつり限定のグッズなども売ってましたが数に限りがあるので早めの時間に買わないとなくなるものもあります。

なぜかカブトムシの幼虫も売っていて、お値打ちだったので購入してきました。おまけは名鉄電車のカードでした^ ^


ミュースカイの前面を開閉するイベントやパンタグラフを動かすイベント、電車と綱引きなどいろいろありましたが人がどこも多くうちは見るだけとしました。








パノラマカーの連結器を操作できるコーナー



パノラマデラックスの前面のみ保存してあります。テニスコートであったであろうところに数台往年の電車が置いてありました。






クイズラリーをやって景品をもらって帰りもバスと電車乗って帰宅です。


不定期にやっているイベントのようですが、うちは一度抽選でハズレ、今回ようやく行くことができ良かったです。

  1. 旅・テーマパーク
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

上海万博・夜景・リニアモーターカー体感

楽器展示会場をあとにし夜の上海へ。

上海ユニクロ
上海ユニクロ posted by (C)sarapiano
上海繁華街
上海繁華街 posted by (C)sarapiano
上海夜の風景
上海夜の風景 posted by (C)sarapiano

前日の4人で再び集まりタクシーで有名なテレビ塔のある一角へ。

東方明珠電視塔
東方明珠電視塔 posted by (C)sarapiano
上海中心地
上海中心地 posted by (C)sarapiano
上海中心地
上海中心地 posted by (C)sarapiano
上海中心地
上海中心地 posted by (C)sarapiano
東方明珠電視塔
東方明珠電視塔 posted by (C)sarapiano
上海の電飾
上海の電飾 posted by (C)sarapiano


初日にガイドさんより教えてもらった夜景の見えるレストランへ。

浦東にある中華料理「海鵝舫」


上海料理店より
上海料理店より posted by (C)sarapiano

中国生活の長いおふたりに料理をオーダーしてもらう。

上海料理
上海料理 posted by (C)sarapiano

左上のもの、鳥の足!コリコリして酒のおつまみにいいとのことだけれど、食べるまで少し勇気いります。
手前はくらげ。横の茶色のものはふ料理。これは濃い味で美味しかった。


鳥の足
鳥の足 posted by (C)sarapiano
コーンと肉
コーンと肉 posted by (C)sarapiano

上海料理
上海料理 posted by (C)sarapiano

このスープはいろいろ入っていそうなわりに透き通っていてうまかった。これはいける(^^

上海蟹
上海蟹 posted by (C)sarapiano

sh2.jpg



お腹を満たしてレストランに併設してる外灘クルーズへ。
10時近く、最終便でぎりぎりでした。

70元で40分のクルージング

クルージングからの眺め
クルージングからの眺め posted by (C)sarapiano
上海夜景
上海夜景 posted by (C)sarapiano
上海夜景
上海夜景 posted by (C)sarapiano
上海夜景
上海夜景 posted by (C)sarapiano
上海夜景
上海夜景 posted by (C)sarapiano




写真より実物はかなり綺麗です。



北朝鮮 チリ

3日目は上海万博へ。

出国の時間もありそんなに時間はなかったですが、さーっと雰囲気を味わってきました。

ホテルをチェックアウトしタクシーに乗り言葉通じないのでパンフレットを見せて中国館のある地区へ。まっすぐ連れていってくれてぼったくりはありませんでした。

会場はいくつかにわかれていて何日かにわかれて見ないとムリ。

上海万博
上海万博 posted by (C)sarapiano


今回はあの中国館の建物を見にアジア地区のエリアへ。

会場へは並ばずに案外すんなり入れて愛知万博のときの大変さを思ったら意外でした。
会場の入口が分散してるからかな。

さて中国館に向けて歩いていったら途中にへんてこないも虫みたいな形した日本館がありました。

上海万博日本館
上海万博日本館 posted by (C)sarapiano

待ってる人の列が半端なく入場は断念。かなりの人気でした。


奥までけっこう歩きようやく中国館に到着。こちらは少し並んだだけで入れましたが、中でまた省ごとのブースがありそこで並んでました。

中国館外観
中国館外観 posted by (C)sarapiano
中国館内部
中国館内部 posted by (C)sarapiano
中国館案内図
中国館案内図 posted by (C)sarapiano


空いているところを見てまわりました。内容は各省ごとの紹介。

中国館内部天津
中国館内部天津 posted by (C)sarapiano
中国館内部
中国館内部 posted by (C)sarapiano中国館内部
中国館内部 posted by (C)sarapiano
中国館内部
中国館内部 posted by (C)sarapiano
中国館内部
中国館内部 posted by (C)sarapiano
中国館内部
中国館内部 posted by (C)sarapiano
中国館内部
中国館内部 posted by (C)sarapiano
中国館内部
中国館内部 posted by (C)sarapiano
中国館内部
中国館内部 posted by (C)sarapiano




日本のテレビで見たとおり列に並んでいても隙間があれば抜かれてしまいます。なので人気のある館は並んでいても隙間なくぴったりと人と人がくっついてます。

隙間なく並ぶ人々
隙間なく並ぶ人々 posted by (C)sarapiano

おそらく万博会場には中国人がほとんどで外国人をみかけませんでした。日本人にいたっては意外にも一組や二組しかすれ違わず。

上海に着いてからもほとんど見かけなかったので、出国前におこった尖閣諸島の問題の影響もあるのかなと感じました。

中国館をあとにし入口方向に戻り空いてるところへ入っていきました。

カザフスタン館
カザフスタン館 posted by (C)sarapiano
上海万博
上海万博 posted by (C)sarapiano
モンゴル館
モンゴル館 posted by (C)sarapiano
馬頭琴
馬頭琴 posted by (C)sarapiano

北朝鮮館
北朝鮮館 posted by (C)sarapiano

北朝鮮館へ入りましたが、あまり見所はなく。お土産ものをたくさん売っていてみな物珍しげに見てました。
将軍様の本や記念切手、コインなどなど、他では絶対に手に入らないある意味貴重品グッズです。

ピョンヤンの写真
ピョンヤンの写真 posted by (C)sarapiano
北朝鮮館
北朝鮮館 posted by (C)sarapiano

北朝鮮に関しては中国のテレビニュースを見ていると日本との違いに驚きます。指導者や後継者の動いている画像。中国との外交の様子が友好的に報じられています。


ニュースは基本的にそれぞれの国民を中心としたニュースになります。中立なんてありません。

だから信頼できる情報筋や実際に自分の目で見て確かめることが必要です。


中国も報道ではいろいろありますが、大半の一般の人は日々の生活に一生懸命でみなが政治について考えているわけではないように見えます。と言うより国の方針には右向け習えのような感じ。

抵抗すると軍隊で抑えられることでしょう。しかしそれが13億人をとりあえずまとめる方法なんでしょうか。

どんな国でもほんの一握りの人間で動かされているのです。だからイメージが先行するような情報に流されないことが大事だと思います。

理想はそれぞれが自立した人間としてまとまることもできる共同体でしょう。




上海万博
上海万博 posted by (C)sarapiano
タバコの火をつける機械
タバコの火をつける機械 posted by (C)sarapiano
醤油とんこつラーメン
醤油とんこつラーメン posted by (C)sarapiano

上海万博
上海万博 posted by (C)sarapiano
万博遠景
万博遠景 posted by (C)sarapiano



帰りは浦東空港までリニアモーターカーでいくことに。

リニア
リニア posted by (C)sarapiano
リニア駅
リニア駅 posted by (C)sarapiano

その前に友人Mくんと最後の別れを。また必ずくるよ!

上海マクドナルド
上海マクドナルド posted by (C)sarapiano
85℃
85℃ posted by (C)sarapiano


リニア駅
リニア駅 posted by (C)sarapiano
上海リニア
上海リニア posted by (C)sarapiano
リニア線路
リニア線路 posted by (C)sarapiano
リニア時刻表
リニア時刻表 posted by (C)sarapiano

最高時速の430キロ体感できました。めちゃ速い!

動画撮りました。なんと車で40分程度かかる空港までの道をたったの8分で連れて行ってくれます。

動画も8分ほどです。




浦東国際空港
浦東国際空港 posted by (C)sarapiano


とりあえず上海報告はこれにて終了。長ったらしいのにお付き合いいただきありがとうございます。

たくさん写真撮ったので興味あるかたはこちらのアルバムを見てみてください。

あ、アルバムはまだ準備中です。


人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス

www.sarapiano.com
-------------------------------♪

  1. 旅・テーマパーク
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

上海事情、ピアノ工房訪問・上海蟹

朝早くにセントレアへ。以前の職場にあいさつをしに顔を出したらお世話になった社員さんがちょうど店番中。

5年ぶりくらいにごあいさつ。覚えていてくれました。当時このかたのおかげで仕事がしやすかったのが記憶に残っていたのでお会いできよかった。

セントレア
セントレア posted by (C)sarapiano
セントレア
セントレア posted by (C)sarapiano



手続きも済ませ日本をたち上海へ。中国南方航空の飛行機。

飛行機
飛行機 posted by (C)sarapiano



今回は将来の仕事の展望をにらみ視察に行ってまいりました。

今や世界経済の中心地となった中国。そのなかでも勢いある上海をこの目で確かめたい思いで取引先の社長と向かいました。

浦東国際空港
浦東国際空港 posted by (C)sarapiano


今や東京以上の人口、1800万人が住むと言う上海。実際はもっと多いらしいのですが、どこに行っても人がいました。

上海
上海 posted by (C)sarapiano
上海中心地
上海中心地 posted by (C)sarapiano
上海
上海 posted by (C)sarapiano
上海市内
上海市内 posted by (C)sarapiano

そして一言で言うと活気にあふれています。

社長が言うには一昔前の日本のような活気らしいです。とにかく人は多いのですが、そのなかでも若者の姿が目立ちました。みな日々の生活に追われている感じですがとにかくなんだかパワフルです。


そして道には車やバイクや自転車が混在していてやりたいほうだいです。車がなにより優先らしく、ぼさっとしてると間違いなくひかれます。信号機はさすがに守りますが、タイミングを見計らって渡らないといけないです。


市内には全家と書いてあるファミリーマートをよく見かけました。コンビニは他のところは見かけずファミマが進出中みたいです。なんか知っているお店があるとほっとします。

上海市内ファミリーマート
上海市内ファミリーマート posted by (C)sarapiano

ファミリーマート=全家 うーん、なるほど・・


宿泊する中心街のローカルなホテルでいよいよ友人と再開。

約12年ぶりくらいの対面。まさかこんな異国の地で会うことになるとは。彼は当時からエネルギッシュでしたが歳を経ても変わらず、むしろ更にいい顔になっていました。


ホテルからタクシーと地下鉄を乗り継ぎ1時間ほどで彼の会社へ。

地下鉄はどんどん建設されていて今は13本くらいあるらしい。駅はキレイでキップはSuicaみたいなカード式。乗車してもまるで名古屋の地下鉄に乗っているような雰囲気。

タクシーに乗ると道が広くて3車線ないし4車線。どこまで走っても街並みは続き、広さを実感します。

基本的に我先に早くいくような運転でクラクション鳴らすのは当たり前で、誰も気にとめてない。

歩行者が渡ろうとしても車は停まりません。車優先なので。


信号待ちをしていると物売りがきてドライバーに話しかけてます。チラシを車内に投げ込んでいく人もみかけました。

商売根性凄まじいです。

ほどなく友人の会社に到着しありがたいことに中を見せてもらうことができました。
ほんとにつながりや縁は大事です。

上海市内
上海市内 posted by (C)sarapiano

詳しくは書きませんが、ピアノ修理工房と事務所があり上海でのビジネスに最適な環境が整っていました。
そして特に従業員の現地スタッフたちが優秀なのを感じました。中国のかたはやはり手先器用です。

ピアノは次々売れて忙しいらしく倉庫にはたくさんのピアノが待機してました。
これから更にいろいろとつながり持ってできそうです。



中国のトイレ事情なども体験し(詳しくはまたの機会に・・)、夕飯をとるために再びタクシーで移動。

30分ちょっと走り20元くらい、日本のタクシーに比べたらずいぶん安いです。


そこでこちらも連絡をとっていた現地の日本人の友人と合流。

彼女も上海長いのでお任せして美味しい中華料理屋に連れていってもらいました。

上海蟹のお店です。

空港でガイドさんに聞いたらガイドブックに載っているようなお店は高いわりに美味しくないとのこと。一番いいのは現地の人間に聞くのがいいとのことでした。

そこで友人のanegoさんに連絡をしたらお店を予約してもらえました。

上海蟹
上海蟹 posted by (C)sarapiano

青島チンタオビールで乾杯。苦味が少なく飲みやすかったです。蟹料理を食べながら紹興酒(しょうこう)も飲みいい気分に。

チンタオビール
チンタオビール posted by (C)sarapiano

僕以外はみんなそれぞれはじめましてでしたが、パワーあふれる4人で楽しい会話ができ今後につながる関係を作れたと思います。

夜の上海の街はネオンがきれいで人も多くにぎやか。眠らない街です。



さて宿泊するホテルですが中心街にはありますがローカルな地区。友人いわく中国的な雰囲気を楽しめる意味ではいいとのこと。

飄鷹大酒店(ピャオインホテル)

中国上海市虹口区乍浦路71号


大きな地図で見る


ホテルエントランス
ホテルエントランス posted by (C)sarapiano


カウンターのスタッフは日本語まったくダメ。英語はまあまあと言う感じ。基本中国語応対です。

部屋のカギはカード式でしたが、一回では開かず5回くらいさしてようやく反応しました。

ピャオインホテル室内
ピャオインホテル室内 posted by (C)sarapiano
ピャオインホテル室内
ピャオインホテル室内 posted by (C)sarapiano
ピャオインホテル室内
ピャオインホテル室内 posted by (C)sarapiano

心配していたシャワーはちゃんとお湯が出て安心。しかしボディソープがまったく泡立たず。シャンプーは普通だったのでそれで体を洗いたくなりました。

ピャオインホテル洗面台
ピャオインホテル洗面台 posted by (C)sarapiano
ピャオインホテル・ユニットバス
ピャオインホテル・ユニットバス posted by (C)sarapiano

トイレはもちろんシャワー式ではないけどいたって普通。備え付けのトイレットペーパーが少なかったですが。



外の眺めはビルが見えいい感じでしたが空き地があったり車やバイクのクラクションが鳴ってました。

ピャオインホテルからの眺め
ピャオインホテルからの眺め posted by (C)sarapiano

とにかくクラクションは鳴らしてなんぼで鳴らされても誰も気にとめてない感じなので四六時中ブーブー鳴ってます。

ピャオインホテルからの眺め
ピャオインホテルからの眺め posted by (C)sarapiano



あと心配していたコンセントはそのまま使えました。差し込み口の変換器買っていったけど不要です。携帯電話はこれで充電可能。ドコモを海外で使えるように設定して充電器を240ボルト対応のをポイント購入してOK。

ピャオインホテル・コンセント
ピャオインホテル・コンセント posted by (C)sarapiano
ピャオインホテル・コンセント
ピャオインホテル・コンセント posted by (C)sarapiano

通話やメールは高いですが日本にいるときと同じ感覚で使えました。

両替はホテルで手数料なしで人民元にできましたが、ぼったくられました。

だまされて痛い目みて学習していかないとこの国ではやっていけないようなので腹立つけどいい勉強と思うしかないです。
相手を信用しきらないで気を張って自分の身は自分で守る気構え必要ですね。


テレビの映りが悪くベッドが堅かったけど少し疲れもありぐっすり眠れました。



朝起きて友人との待ち合わせに時間があったので取引先の社長とホテルの周りを散策しました。

上海市内裏通り
上海市内裏通り posted by (C)sarapiano


少し歩き鉄格子の一角に入ると長屋の家がありました。


見るからに狭い家でお隣さんとは近い近い。外に出てぺちゃくちゃおしゃべりしたり日常の生活を見れました。

上海は貧富の差が激しいらしく、高層のマンションや豪邸に住んでいる人もいれば豆電球ひとつの狭い部屋で暮らしている人もいるらしい。

上海市内裏通り
上海市内裏通り posted by (C)sarapiano
上海市内裏通り
上海市内裏通り posted by (C)sarapiano

市内の広い道路には高級車をたくさん見かけました。お金持ちも多いようです。

いずれにしてもみんなたくましく生活してます。

長屋のそばのお店ではでかいカエルやザリガニまで普通に売っていて、水からあげられたコイがぴちゃぴちゃはねてました。

八百屋さんみたいなところに入ると日本で売っている野菜もありましたが、豆や何種類かの米、奥には生きた鶏がいました。

社長いわく買い手がつけば用意されていた洗濯機みたいなところへ放り込み毛をとってツルツルにして渡すとのこと。

麺を作っている人もいてその均一なできあがりは見事でまさに職人技でした。 ところどころ何かわからない臭いがキツイですが、食料品はひととおり揃いそうでした。

貧しそうな暮らしですがみな何かしら仕事をしているようでした。上海だからなのかわからないですが、みな必死に日々を生きている。受動的ではなく能動的です。

日々考えないと取り残されて死ぬしかないから積極的なんだと思います。

上海市内裏通り
上海市内裏通り posted by (C)sarapiano

この裏通りは外国人があまりおらず変な日本人がきたと思われたことでしょう。しかし観光地以外の日常の生活が見れたのは自分のなかで収穫が大きかったです。

あまり他人に関心がないように見えますが、事故現場を目撃したときは人だかりができていてみんなで助けあっているように見えたのが印象的でした。


上海市内
上海市内 posted by (C)sarapiano
上海市内
上海市内 posted by (C)sarapiano
上海市内
上海市内 posted by (C)sarapiano
上海市内
上海市内 posted by (C)sarapiano


2日目はミュージックチャイナ(上海国際楽器展示会)。

続きは次の記事へ


人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス

www.sarapiano.com
-------------------------------♪



  1. 旅・テーマパーク
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

茶臼山高原の芝桜

少し前ですが芝桜を見に茶臼山高原まで行ってきました。

見に行ったと言うより知らずに行ってすごいところだと感動。


Image284.jpg

Image267.jpg

Image273.jpg

Image297.jpg

Image304_20100611234123.jpg

Image308.jpg

Image263_20100611232221.jpg

Image265.jpg

Image285.jpg

Image276_20100611232406.jpg

Image279_20100611232406.jpg

Image295.jpg


芝桜祭りホームページ



大きな地図で見る



うちの親と妹夫婦、私と嫁で行ったのですが、なんと昨年お世話になったミュー美術館のすぐそばの宿泊施設でした。

Image243_20100611234124.jpg


美術館にもごあいさつ。温かくお出迎えしていただきました。

今年も秋に音楽イベントやります。空気のおいしくいいところですので時間のとれるかたはぜひに。山のなかで絵画お音楽を鑑賞しながらの一日は心癒されます。

Image234_20100611232221.jpg


バーベキューなんかもできるのがわかったので泊まりで行っても楽しいなと思いました。

DSC00488j.jpg



芝桜は見ごろですごい人でした。

そんな人気のスポットとは知らず、午前中から行ったので良かったですが帰り道は反対車線がものすごい渋滞でした。

えんえん果てしない渋滞の列で、あのように長い渋滞を見たのは人生初めてでした。けっこう車には乗っていろいろなところに行っていますが、あの渋滞はすごすぎです。


それでもたしかに見る価値はありますね。

うちの親の情報力とすばやい行動はさすがですわ。



めいっこ達もテンション高く、ぽんたさん、おいちゃんとも楽しい時間を過ごせました。

しかし半そでで行ってえらいめにあいました。

そんな場違いな人、2、3人しかいませんでした。がたいのいいかたが。 寒かった・・


人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス

www.sarapiano.com
-------------------------------♪




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Masayuki Saraie

Author:Masayuki Saraie
SARA PIANO

珈琲とピアノと猫をこよなく愛する

ピアノ調律師 更家雅之


楽器が求め、演奏者が求めるベストな状態へ

音の職人、更家雅之の日記や想い

ピアノや音楽、日常を通して出会う人たちとの 交流から日々考えさせられ思ったことを、日記を中心に更新中。


音楽はどんなジャンルでも大好きで聴くこと演奏することが趣味

音楽と歩んできた人生、辛い時、楽しい時、そばにはいつも音楽がありました。音楽によって救われた時期も。

そしてピアノを弾くと心が落ち着きます。

近年、調律や音楽が心に及ぼす影響を研究中。

音楽は心の世界への扉 、そして心そのもの。


ピアノ、音楽を通してこの時代に”心豊かに生きる”を実践しています。

>>ホームページ

オーダー

ピアノ調律修理依頼


メールフォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

閲覧者カウンター

現在の閲覧者数:

twitter

MY PAGE