Facebook Page

Home>心(カテゴリ)  TotalPages6 next

心のうち・・・

2012.06.07 Thu

今日は印象に残ることがあったので日記を書こうと思います。


今回で3年目くらいになるお客さんなのですが、いつも調律後に隣にある喫茶店で珈琲をごちそうしてくれたりとよくしてくださるかたなのです。

ピアノは大事にされている様子で、毎年きれいにされていました。


しかし今年はあまり弾かれていないとのことを調律前にお聞きし、そうは言ってもけっこう弾ける子だしなあと思っていたのですがほんとに弾かれていないようなほこりがたまっているようなピアノの様子。


弾かれてはいないと言っても、今年は例年に比べ乾燥している日が多いため狂いもそれなりには出ていたものですからしっかり音を合わせお掃除やタッチの調整もしました。



いつものように作業が終了し少しお話をと思いピアノの状態などを説明していたのですが、なかなかお話がきれない。お子さんのお話などをしていたのですが、受験生と言うこともありここ半年くらいはほとんど弾いていないと話されていました。

なるほど、ほんとに弾いていなかったのだと思い納得したのですがどうも音楽の道に進むことも断念したのだとわかってきました。

去年は進路をどうしようか迷っているとおっしゃっていたのですが結論が出たようです。


もともと音楽とは縁がなかったご家庭らしく、娘さんが2人いるので習わせたと言うことでした。

特にお父さんはいろいろご苦労されてきて、ピアノはご自分のお仕事とはかけ離れた世界のものと言うイメージしかなかったらしく、自分の家の中からピアノの音色が聴こえてくるなんて信じられないと娘さんがいないところで話あっていたそうです。


お母さんはお話をしているうちに才能がある子はもっといるから、とか将来音楽で食べていくのは難しいから、とかマイナスなことばかり言って自分に言い聞かせているようでした。

僕も音楽で食べていく苦労は見てきているので堅実な道を選ばれてよかったと、納得してもらえるような応対をしていました。



そのうち金銭面とかの話になり、娘さん2人とも奨学金で大学に行かせるような状態でつらい思いさせてますと。

なんとなくああそうなのかと理解したのですが、少し残念な気持ちにもなりました。


たしかに豪華なおうちでもないですし贅沢をしているような感じではなくどちらかと言うと質素な感じです。

このご時勢で旦那さんのお仕事も大変らしく、つらい胸のうちを話されていました。



そして、あまり弾かなくなったし調律もどうしようかと思っていたんですと・・


たまにあるのですが、いつもの話の展開できたかー(涙 と思いました。

しょうがないですよね、と人のよい私はいつものごとくいい人ぶろうとしたのですが、


急に泣き出してしまわれて・・


娘に調律のことを言ったら 

「お母さん、調律だけはやって。お金は働いてあとで返すから。」

と返ってきたとのこと。


お母さん、こんな思いをさせて申し訳ないと思ったのでしょうか、そのことを思い出してボロボロボロボロ涙を流されたのです。

私は言葉につまってしまい、

毎年しっかりと調整させていただいてますから、ずっと長く使っていただける作業を毎回していますから、安心してください。

と言うのがやっとでした。



あとから考えると、あのとき、もっと気の効いた言葉をかけてあげられたらとか思いました。

音楽の道に進むよりもそう言ったことが言える娘さんを育てられたのは素晴らしいことです。とか


でもお母さんの夢でもあった音楽の道をあきらめざるを得なかったことは事実であるので、それを言うのも複雑なことだなと思い直したり・・


もちろん業界にいれば、なにも音大などに行くことが絶対条件だとは思わないのですが何もわからないかたからすれば確かにその道に進むには必須だと思うでしょう。

私も育った家庭が音楽とは縁遠かったので、何もわからずとりあえず調律の学校に行ったし、そのほうが入りとしてはスムーズに行けるんだと思います。

お話のなかでは一応そういったこともお話させていただいたのですが、自分で一から切り開いていくのは厳しい道であることは間違いないのは事実です。



自分は裕福ではなかったけれどひと通りやりたいことはやらせてもらった家庭に育ちました。

今の日本では特に僕らの世代ではそういう人が多数なんだと思います。


でも必ずしもそういう人ばかりではないし、これからはもっと厳しくなるかもしれないし、自分の先の世代はもっと厳しかっただろうし・・

TVでこないだ見たのですが、中国の貧しい農村の女の子が若いうちから都会の工場に働きに出て必死で働いたお金を田舎の親に仕送りをすると言うドキュメント。

一年に一回の春節には田舎に帰り親や兄弟の顔を見たいのですが、お金がなく帰れない年もある。

会社の業績がよくなりボーナスが出たからようやく3年ぶりに帰ることができたとか。


そういった状態が人間にとってよいことであるか悪いことであるかとか言う議論は抜きにして、こういう環境に置かれた人たちは心が強くなり、磨かれてきれいなんだろうと思う。

もちろんそういった環境のなかで横道にそれたりしてドロップアウトするような人もいるだろう。

でも、なに不自由なく育った人間に人の痛みや気持ちがわかるだろうか。



ピアノの親子とや中国の貧しい農村の子に今の日本人が忘れてしまった何かが感じられたのです。


音楽の道には進めなかったかもしれないけど必ず立派な人間になっていくはずです。



自分はピアノを通してそのようなドラマが生まれたこと、関われたことが嬉しかった。

最近は電話をしても申し訳ない感じで断られたり、ときには冷たい言葉で断られたり、と言ったことが増えてきています。それは私だけでなく外まわりの普通の調律師であればみなさん悩んでおられることと思います。

特に調律は形が見えなく、成果が人に伝わりずらいものなので一生懸命やっても報われない部分も多いです。

それだから何か変わったことをしたりコンサート調律の専門を目指したり、なにか安定したものを持ちたいと思うのが常です。


でも今回のようなお気持ちで調律をオーダーしてくださるお客様もみえます。 

それに応えるためには毎回毎瞬手を抜けないし、金額に見合った仕事をするのはもちろんのこと、それ以上を目指さないとなりません。

そのなかで今回のように事情を知ることにより報われることもあるわけです。


一見意義を見出せないような仕事も、とても意義のあることをしていることがあります。

我々は見えないところでとても意義のあることをしてると言う自信を持てばいいと思います。


私は現場を離れずどこまで行っても評価されずらい”調律”と言うものをこれからも続けていき人の心をつなげるお手伝いができればと思っています。




人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス
www.sarapiano.com
-------------------------------♪





スポンサーサイト

現実のモンスター

2011.01.11 Tue

新年2発目の日記ですが、今回はややダークな内容です。

別に今となっては大半は過去のことではあるのですが、忘れないうちに記録しておこうと思いまして。


当事者以外はなんのことやらひとりよがりのつぶやきと思われる内容ですが、そんな自分を経て今があるんだなとと言うことで。

過去を振り帰ることはめったにしない私ですが、これは書いておかないといけないと言うか、魂からの叫びと言うか、自分の正義感のかけらがそう言わしめているのか。

誰かに気付いて欲しいと言う気持ちが強いのかもしれません・・



私、人生30年あまり。ここまでくるまでに実にいろいろやってきまして、普通の人の2倍、3倍はいろいろと経験してきているのではと思っています。まあなにが普通かの基準があいまいですが、とにかくお縄になること以外は体験していきていて実に様々な世界、人を見てきたように思います。

職業的にもそうだし、職場と言う意味でも。


そのなかでもこれはさすがにひどかったと言う経験を記憶が薄れる前に書かなければと言う思いなのです。


と言ってもウェブ上ではとても抽象的な表現にとどまります。なのでなんのこっちゃと言うレベルかもしれませんが。




実はこれまで私の出会ってきたなかでこれほどひどい人間が世の中にいるものかと言う人間が2人いるのです。

今回はそのうちのおひとりの話ですが、とにかく思い出すだけでもおぞましいのです・・


人間とは育ってきた環境や教育によりここまでなれるのかと言うのを目の当たりにしてきました。



自分の保身のためであればどんな手段でも使うと言う人間の究極形が過去にいたのです。

そんな人間どこにでもいるよ、と思うかもしれませんが度を越した非情さとでも言いましょうか。と言っても体験したことないかたにはピンとこないかもですが。

精神的にはかなりタフな私がノイローゼになりかけるほどの、ある意味強烈なダークパワーを持っていました。

おそらく、過去歴史上君臨した独裁者や専制君主などと同じ力を持つと今では解釈できます。

いやその独裁よりももっとタチの悪い存在かもしれません。


独裁と言うのは軍などのいわゆる”力”で民衆を封じ込めるものですが、それよりも実は恐ろしいのは人間の精神を破壊する存在だと思っています。

そのような存在と言うのは外見上はとても接しやすく気さくで、いわゆる”イイ人”であるわけです。


世の中みてもそうですが、暴力をふるう人間は確かに恐ろしいですがそれよりも手を使わずして精神的な奴隷にする人間のほうが実は恐ろしい存在なのです。

独裁や崇拝も精神的な奴隷にすると言う意味では同義ですが、それにも増して自分には一切危害を及ばずしてイイ人のまま影でそれを作り出すと言うのはなんとも恐ろしいことです。


そのような人間は立場のある人間をうまく利用します。トップには立たずして自分の思うがままの世界を作り出すのです。それはある意味才能のなせる業でしょう。


実はこの私たちが生きているこの世界も筋書き通り誰かの作った世界と言われています。

その人間は表に出てくることはありません。政治家や国のトップが世界を動かしているかと言えばそれは見当違いでしょう。

例えば、あなたがこの世界を自由にすることができたなら今のような形にするでしょうか?

そう考えれば誰かのために都合よく作られた世界と言えるのではないでしょうか?


少し話が飛びましたが、日本にもまだドラマの中のようなドロドロとした世界はそこかしこにあるのです。

私はその究極と言えるような世界にいたのだと今でも思っています。


言い方は悪いですが、その道のかたたちより恐ろい人間を見てきました。その道の世界でも筋道が通っていると聞きます。

しかし年齢が上であろうがおかまいなし、恩や礼儀などどこにある、自分のルールが全てであると言う人間。そして金や権力で人を動かす、人間の心を全く無視したやりかた。


金や権力や法で縛りつけるやりかたは人間の弱いところをついた最も卑劣なやりかたです。

かと言って法に反しているかと言えばそのスレスレを利用するやりかたなのです。


昨年は中国の漁船問題で日本は騒いでましたが、あのようにわかりやすいやりかたはかわいいものです。

それよりも内側から侵略されるほうがもっと恐ろしいのです。人間は精神を支配されてしまうことが最もあってはならないことだからです。闘わずして手中におさめることができる最も賢いやりかたです。

まああれによって日本国民が精神に揺さぶりをかけられたと言う意味でとらえれば充分効果はあったのですが。

別に中国が悪いとかそういう問題ではなく、我々が精神を支配される要素は常に持っているのです。



そして”教育”によって人間はどうにでもなれると言うことが最も重要な問題です。

私は過去にそのようなおぞましい人間に会うことになりましたが、その人間がもともとそのような人間だったかと言うとそうとは思っていません。

”そのような人間を作り出した要因が過去のどこかにあった”と言うのが結論としてあります。



浦沢直樹のマンガが好きでよく読むのですが、”モンスター”と言う作品がそのことについて考えさせてくれます。




この”モンスター”は実はある人間のことなのですが、まさに私の体験したおぞましい人間のモデルなのです。

外見や容姿はとてもよく上流階級にも溶け込んでいるある人間が実は次々と起こる犯罪の原因を作り出していて、次から次へと資産家などを取り込んでは知らず知らずのうちに精神を支配し世界を我がものにするという物語。


お人よし世間知らずのお金持ちを思うがままに動かす姿はまさにそれそのものだった。

お金=権力だ。 財力はないが頭のいいずる賢い人間はそれをうまく利用する。 


主人公はすっかり犯罪者の汚名を着せられて社会的に追われることになる。しかし真実を知り世界を救おうと思っているのは他でもない主人公ただひとり。


会社と言う組織を私物化するモンスター、会社や組織を使い人間を支配するモンスター。

そのモンスターを作り出したのはやはり”教育”。


マンガの中では第二次世界大戦中、東ドイツの軍戦略である人体実験によりモンスターが生まれたと言う筋書きだった。
実際に行われていたかどうかは定かではないが、殺人マシーンとしての教育を受けた子供は人を殺す、それが普通のこととなっていく。

我々は子供が生まれたら愛情を持って接し人間としてのいわゆる常識と言われるものを教えるけれども、それが違う目的を持って教育されたらそのような人間になるのだろう。

オオカミに育てられた子供がオオカミになるように。



私はその現実に接したモンスターと当時話をしていたときに、その教育が施された期間のことがポイントとして頭に残っている。

期間と言っても何十年と言った時間になる。そこで彼は周りの人間をおとしいれ、自分が優位に立ち続けるすべを身につけたのだろう。当時の彼は悪くない、なぜならそれをしなければ生きていけなかったからだ。

その世界のなかではそれが当たり前の普通のことであったからだ。


その教育を施したであろう人物も知っているが、その人間の作った世界で生きてきた彼は私の目から見れば実に滑稽だ。

なぜそのような教育を施さなければならなかったのか?

それは”競争”に打ち勝つため、彼はそのために利用されたのだ。


その競争世界を作り出したのは誰か?

イイ人に見え優雅に暮らす決して表には出てこない人間なのだ。


しかしそのような人間も自然の原理のなかで生まれた。

競争はなくならない。なくならないけれども、そのからくりを知っておけば自分を見失うことはないのです。



私はそのような中から出て自分の世界を作った。

それは多様な人間が共存できる世界を作りたかったから。

ひとりの人間が支配する世界などなんの魅力もない。


競争に打ち勝つ人間、能力のある人間だけの世界ではない。人にはそれぞれ役割があるはず。

私はそれに賛同できる人間と関係を深め、強個な絆で私の思うダークパワーを包囲していく。


金や権力で支配するもろい関係よりも人間の信頼や絆で結ばれた関係ほど強いものはないからです。



人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス

www.sarapiano.com
-------------------------------♪


ブラックジャック

2010.08.24 Tue

いや~連日暑いですが、今日は特に焼けるような日差しでつらかったです。

ある小学校の体育館のピアノを調整していたのですが、クーラーももちろんかかってないし蒸し風呂地獄でサウナに入ったかのような汗でした。

修理個所をすぐに処置できればよかったのですが、やっかいな症例で朝から昼過ぎまでカンヅメ状態。


そのやっかいな症例と言うのが、鍵盤の鉛が溶けて飛び出していると言うもの。

飛び出した鉛が横の鍵盤にすれて動かなくなっていました。


この症例、一年くらい前にも一度別のピアノであったのですが、ちょっと異常な状態です。

鉛が溶けて出てくるほどの温度になっている状態があると言うことです。


過去記事> http://sarapiano.blog112.fc2.com/blog-entry-425.html


おそらく近年になって出てきているものだと思います。それだけ過酷な環境になってきていると言うことでしょうか。


そんな環境の変化を更に敏感に感じているかたの話をこないだ聞いて妙に納得しました。

そのかたは鮎取りのベテランなのですが、最近の川は顕著に変化していると言うのです。

70になるかたで子供のころから川に入ってきていることもあり感じるところがあるとのこと。


鮎の数の減少、きれいに見える水のにごり具合。微妙なところが昔から変わってきていて、我々素人ではわからないところを感じているようです。

素人なら、きれいな川だ、鮎がいる、自然があっていいなあ、なんて思うんでしょうけど、どうもそれは見せかけだけのようです。


確実に地球環境は昔に比べ変化をしているのです。私はピアノのありえない状態を見てその話を思い出しそんなことを感じていました。



そのようにいろいろな異常が起きてくると我々の生活に様々に影響を及ぼします。


私の場合、今回のようにピアノの調子が悪くなったことによって相手からのアクションが生じました。

今回のようにピアノの状態を相談してもらえば対処できるので問題はないです。


しかし中にはその問題が起きることによって他の選択肢をするかたも見えます。他の技術者に相談すると言うような場合です。これによって私の状況は変わってきます。


そこで重要になってくるのが、私の場合そのピアノの持ち主からどれだけの信頼を得られていたかと言うことが問題になってきます。

そのかたが私に相談をしないと言うことはそういうことを意味します。



実際にここ最近ではその両方のことが起きています。

まったく知らないかたから相談をされるのは嬉しいですが、今までお世話になっていたかたに事後報告で違う人に相談したと言われるとショックは大きいです。


この業界で長く続く人が少ないのもそのような精神的な苦痛に耐えられないと言う理由のものも実はあります。

人間不信に一度はなるのかもしれません。それを乗り越えられるかが長く続けられるかの境目です。多くは技術的、金銭的な問題と言うよりそれに至る精神的なものが大きいと思っています。


仕事とは言え、対人である仕事であるかぎり感情移入しますからね。どうしても。

特に繊細な人が多い業界。でも神経ずぶとくないとやっていけないのがこの調律業界の矛盾でしょうか・・




そんなとき私はマンガ”ブラックジャック”のセリフを思い出します。


「医者だって人を殺すことがある、医者は神じゃないんだ。」

と言うようなもの。


医者は瀕死の人間を助ければ神のようにあがめられ感謝される。逆に手術が失敗に終われば人殺しとののしられることもある。

それは究極な世界ですが、この世のなかはだいたいそんなものです。完璧な人間などいません。


ブラックジャックが人知れず泣いている場面が思い浮かびます。



変化の激しいこの時代。そんなようなことがこれからも起こってくるでしょう。それは誰の身にも降りかかってくることです。

しかし原因を理解していれば辛いことも乗り切れるはずです。

人間は不完全、すべては自分の身から出た錆だと思えれば病むこともないのです。原因がわからずショックを受けるから人間不信になり次に進めなくなるのです。


理解して進むことが、繊細な神経で次に進む方法でしょうか。


そしてどんなことが起きてもお互いが信頼しあえる関係を作る努力、これからもしていきたいです。


調律後にピアノが爆発したとしても相談しあえるような仲でしょうか(笑

はたまた明日地球が滅びるとわかっていても一緒に酒でも飲めるような関係でしょうか(笑


環境の変化に右往左往する私、まだまだ青いですわ。



人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス

www.sarapiano.com
-------------------------------♪

脳と音との考察

2010.07.09 Fri

さて時間のあるときに少しずつまとめています、考察シリーズ。

前回は音楽と心の関係性として、人間とはなんぞやを探る入り口をご案内しました。


音楽と心の関係性を探ることは、音楽が人間に対してどう働きかけるかと言うことを探ることです。

そのために人間の生きているこの世界への理解を深める事が重要になってきます。


その理解がないままに聴く音楽と理解をしてから聴く音楽とでは大きく意味合いが変わってきます。

ヒーリング音楽と呼ばれるようなものでもその効果が異なるのはその受け取る側の器にあるからです。


さてそのことを理解するために人間の司令塔である”脳”について考察を深める必要があります。近年脳科学ブームになっていますが、その重要性が高まってきているからです。

脳について考えることはなにも難しいことではありません。

第一脳の働きを科学的に証明することなんて不可能に近いからです。それは理屈ではなく感じたままに理解することです。


下の画像を見てみてください。


checkershadow1.gif


AとBのタイルは違う色に見えます。私にはAのほうが濃く見えます。


しかしAとBは実際は同じ濃さのタイルの色です。


checkershadow2.gif



画像では確認しにくいかたには動画があります。






詳しい解説のページも見つけましたので時間のあるかたは読んでみてください。

http://kaiwa-kouza.com/contents/wh10_4_1.html


人間の見ている世界がいかにいい加減でほんとうの世界を見ていないかと言うことです。

自然現象や超常現象でさえも全ては個々の脳の中で起きていることです。

しかしながらこのとこは脳の働かせかた次第ではどんなことも可能であると言うこともできるのです。


それが全ての原点であるので、そこから音に対する理解も深めていけば脳に働きかける音なり音楽を意識することができます。

そのような音楽の活用法を通して、次回からはその役割を考察していきます。




人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス

www.sarapiano.com
-------------------------------♪

音と心の関係性を探る旅

2010.06.16 Wed

数年前から音楽や音が心に及ぼす影響を考察してきました。

と言うのも調律師と言う音に関わる職業についていて、人間との関わりを強く感じるようになってきたからです。


音に関することで身に付けた能力を更に活かすために、ピアノ技術の勉強と合わせバランスを取りながら空いた時間での作業です。

最終的には音楽療法とは違う、おそらく新しい分野での開拓になるので時間のかかることかもしれないですが少しずつ進めています。


そのためにまずは人間とはなんぞやと言うところから考察しています。そのことを知らなければどのように影響を及ぼすのかが明確にならないからです。


そしてその前提として人間が住むこの世界に対する理解が必要不可欠です。


しかしそれは人間の理解を超えた不思議にあふれています。人間の科学や実験ではもはや計り知れないところまできています。


以下の動画を見てみてください。




この現象を理解できるでしょうか?

私たちが見て感じている世界は果たして絶対的なものでしょうか?



少し前の日記でもリサランドール博士の異次元世界のことを紹介したのですが、今回はその次元の違う世界に対する理解を深めるためにわかりやすい動画です。






自分への確認のための日記になっていますが、何か感じていただければ幸いです。

これからも既存の考えにとらわれず、音をいろいろな角度からアプローチしてみたいと思います。



人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス

www.sarapiano.com
-------------------------------♪