Facebook Page

Home>ピアノサークル(カテゴリ)  TotalPages3 next

うみとそらサロンの会

2013.05.05 Sun

ピアノサロンうみとそらの発表会が長久手文化の家にてありました♪



去年と同じ風のホール。ピアノはベーゼンドルファーモデル290インペリアルです。


ここで一応うんちくを述べておくと(どうでもいい人は飛ばしてください)

このBoesendorfer Model 290 Imperialと言うピアノですが、オーストリアはウィーンにあるベーゼンドルファー社で製造されている高級ピアノでして、車で言うとフェラーリやランボルギーニと言った感じのものです。

http://boesendorfer.jp/products/standard/model290.html

そのベーゼンドルファーの中でも最上位機種であるインペリアルは奥行きが290cmもあり(通常275cm前後)間口も168cmと通常よりも大きく堂々たるものがあります。

それもそのはずで、鍵盤が通常の88鍵盤よりも多く97鍵と言うシロモノ。

価格も近年あがりにあがり、2千万近くします。2007年に日本のヤマハに買収されてから値があがりました。

以前には浜松に総代理店として日本ベーゼンドルファーがあったのですが、倒産してからはヤマハの店頭やビーテックと言う会社が引継いでいます。以前浜松のショールームには珍しいピアノがたくさんあったのですけどね・・


話が脱線してしまうので、インペリアルに戻すとして通常より低音弦が9本多いわけですから全体として響かせるときの音色も変わってくるわけです。めったに追加された鍵盤は弾かないにしても他の音に与える影響は多分にあり特に感じるのは単音の美しさです。

全体として和音のかたまりを聴くときはスタインウェイのほうが響くのですが、単音のみの倍音はベーゼンのがより響きが豊かであると感じます。ベーゼンは大きいので音量や響きがただただ豊かであるようなイメージを持たれますが、全体としては思ったほど鳴りません。

むしろサロン的な広さで弾くのがベストだと思います。現在の多目的ホールではパワー不足。そういう目的よりは適度な広さのところへでかい図体をどかんと置いて弾くのが贅沢至極なベーゼンならではなのであります。

昔の宮廷やサロンでリストが弾いてるような図がありますが、まさにあんな感じで使用するといかんなくその能力を発揮します。個人的にはモーツァルトやベートーヴェン、シューベルト、ドビュッシーやラベルなんかがその音色に合うのではと感じます。

特にモーツァルトは単音で聴かせることが多いのでベーゼンで美しい音色を奏でられたら天国的ですね(^^
バーンスタインの動画は古き良きベーゼンの音色を伺いしれます。どんなブランドもそうですが年代により音色が変化しています。
私の持っているCDでは録音が少ないのですが、グルダのものが最近の音色と言った感じでした。





全工程手作業にて1年以上の月日を経て造られるベーゼンドルファー、ざっとですがそんな楽器です。




ここは部外者は調律できないためゆっくりと家のことを済ませ向かいました。そしたらなんと調律してたのが専門校の先輩にあたるかたで作業後に会うことができ久々にいろいろとお話できました。これはいろんな意味で情報交換できけっこう大きい収穫でした。

リハーサルも順番にさっさか済ませ、はじまりはじまり~です。



今回で6回目の発表会。

ピアノサロンうみとそらは名古屋市の昭和区にある個人サロンです。

http://umi-to-sora.com/


とてもアットホームな雰囲気でオーナーえみさんのお人柄もありたくさんのピアノ弾きが訪れています。

今回も50名近い参加者でお昼前からの長丁場となりました。


趣味のピアノ弾きと言うこともありレベルも様々、演奏も曲もバラエティに富みとても聴き応えあります。知らない曲が知れたりで聴いていても飽きません。



私は第2部の最初のほうだったのですが、実は私先日から体調が悪く今回の会もどうしようかと思ったほど。
集中力がもつのか心配でしたが、なんとか舞台へ。

今回はベーゼン好きの作曲者でもある Yiva Lipinski さんの「海へ」を弾きました。



しかーし・・  細かい後半の部分にさしかかったとき指が思うように動いてくれない。脳から一生懸命に指令を出しているのですが動かない。。

別にパニくっているわけでもなく落ち着きそのものなんですがなんだか酔っ払いみたいに反応が鈍い。
身体の調子悪いときはダメなんだとはじめて実感。

暗譜するまで弾き込めなかった自分のせいもあるのですが、それにしてもダメでした。




でも前半部分はうまくいったので得るものはあったとしてまだまだ弾き込んで完全に自分のものにしたいです。

次回は碧南エメラルドのベーゼンドルファーインペリアルで弾いて録音でもと目標にがんばろうと思います!!


ホールやピアノについても技術者的に思うことは多々あるわけですが、今回それを抜きにしてもみなの演奏に感動する部分が多くてほんとうに風邪も良くなってきたようです。音楽は人を癒す力がありますね。

心の琴線に触れる音色、演奏があったことはこれまた大きな収穫です。


ピアノをもっともっと弾きたいとその魅力に更にハマリそうになる自分がいます。

ピアノはなんて奥が深くて楽しいんだ!



舞台裏、プログラム作成、ビデオ係、その他お手伝いのかたがた、そして取りまとめを長い期間かけてしてくださったえみさんありがとうございました。またひとつ心の財産が増えました。
スポンサーサイト

ピアノサークルトップノート第12回発表会

2013.04.22 Mon

昨日はピアノサークルトップノートの何回目かの発表会でした。
プログラム見たら12回と書いてましたが、もうそんなに経ったのかと言う感じです。

おそらくもう7回は出てるのでこのサークルとも長くなってきました。

思えば初めてピアノサークルなるものに参加したのがこのトップノートで、なんだかんだで居心地よくここまできてる感じです。




今回も朝一番でヤマハフルコンサートグランドCF3SAを調律。

そして今年は急遽仕事が入ったので調律後に抜けて四日市まで行って一仕事してまた帰ってきました。

なんとか自分の番には間に合ったのですが一部の演奏を聴き逃してしまいました… お仕事があるのは大変ありがたいことですが、時にはこういうこともあります。
また仲間が動画をあげてくれたら聴けるかなぁ


今回弾いた曲はウォンウィンツァンさん編曲の赤とんぼ。
原曲は山田耕作氏の同名曲。

アレンジが加えられていて最初と最後のメロディを除いてはほとんど幻想的な雰囲気になっています。

即興演奏を記譜したような感じの楽譜でどう弾いていいものかと言った感じでした。

これまでもジャズの譜面等を弾いてはきたのですが、ここにきて結論としては自由に弾いているようなアドリブっぽいものは譜面どおりに弾くものでもないなと思います。


今回は特にそのことで悩んで、譜面があるとそのとおり弾くべきだと言うクラシックで教えられた固定観念に縛られなかなか前に進めませんでした。

なんでもそうですが、規制のなかでルールどおり教えられたそのように行うことは慣れたりしてるのですが、いざ自由に何かをして良いと解き放たれるとどうしていいものかわからなくなるものです。

これは自由に表現すると言う機会が与えられてこなかった現代人の病であるかのように感じます。

そこから抜け出そうと言う芸術的な試みが幼稚園などの教育機関で行われるようになってきたようですがまだまだ数は少ないように感じます。


元々譜面が先でなくあとから譜面をおこすと言うようなものはそのような楽譜はあってないようなものだ、ピアニストがどう弾いているかの参考程度であり、あとは自分の感性に任せて弾くべきなんだと思いました。

しかしながらその感性がないから悩むわけでですが…


でも試行錯誤しながらもこれでまた新しい演奏へ一歩踏み出せたと思ってます。


これからは合わせて規制のなかで表現するクラシックも弾いていきたいです。自由に弾くと今度は規制のなかに入りたくなる。
人間とはそんなものかもしれません。


やはりピアノを弾くうえでのテクニックのベースはクラシックであり、ここ数年で単発ではありながらピアノレッスンを受けたことが進化につながっていると実感できる日々です。

ピアノから出てくる響きを大事にしながら無理なく音を出すことを主眼に奏でることをこれからも勉強していきたいです。


このピアノサークルトップノートは自分にとって初めて参加したピアノサークルであり、想い出深いと言うか思い入れのある社会人サークルです。

このサークルに出会わなかったらひとりでひたすらピアノを弾いていたかもしれない。高校生の頃から好きで始め、孤独にひとりで没頭していた日々から仲間で共有する楽しさを教えてもらえたトップノートに感謝の気持ちを持ち続けています。

これからも元気と癒やしの気持ちを感じてもらえるような演奏を目指して精進していきたいと思います(^^)


岐阜ピアノサークル第1回発表会

2012.09.16 Sun

今日は岐阜ピアノサークルの第一回発表会でした♪

会場は岐阜多治見、まなびパークの7Fにあるホールです。室内楽にちょうど良い広さの素敵なホールです。

このサークルは名古屋のサークルにきていた親しみやすいメンバーも多く参加しやすい会。サークルができた最初のころお邪魔していたのですが、最近はなかなか行けずで・・

ありがたくも発表会に声をかけていただき参加する運びとなりました。


ピアノの調律も依頼されていたため、朝一番に会場入り。

舞台にピアノを設置、位置決めをし調律にかかりました。





ピアノはヤマハのS4。






このSシリーズはスタンダードラインナップのグランドピアノよりグレードが上のものです。

しかしながらこのSシリーズはいまいち鳴りが悪い個体が多く、特に公共の施設に入っているSはこれまで状態のいいものに出会っていません。

それでもなるべくベストを尽くし調律しキレイな音色が出るようになりました。



リハーサルを経て、子どもから年輩のかたまで演奏するジャンルも様々な楽しいコンサートの始まり始まり。


決められた形はなくステージで各々の世界観を音楽で表現する。

素晴らしいです!


私も音楽ができる喜びをかみしめながらショパンのノクターン20番、遺作を演奏しました。




以下演奏曲目です。プログラム記載順。演奏順は当日くじで決まりました。


プログラムデザインは今回ラヴェルを弾いたカズくんです。毎回素敵な仕上がりで感謝です。



この女の子のモデルは管理人さんの愛娘さんとのことです(^^



■プログラム

アラジンより、ホールニューワールド(バイオリン演奏)/ アラン・メンケン

グラドゥス・アド・パルナスム博士 / ドビュッシー

かえるのうた / ドイツ民謡
ちょうちょ / スコットランド民謡

暴れん坊将軍 / Y.N.

組曲「鏡」より、海原の小舟 / ラヴェル

エチュードop.10-3 別れの曲 / ショパン

スラブ舞曲 Op.72-2 / ドヴォルザーク

星に願いを(トロンボーン)/ リー・ハーライン

ピアノソナタ17番 テンペスト 第3楽章 / ベートーヴェン

ノクターン20番 嬰ハ短調 遺作 / ショパン

天空の城ラピュタより、君を乗せて / 久石 譲

雨だれのプレリュード / ショパン

亜麻色の髪の乙女、夢 (オカリナ演奏)/ ドビュッシー

ルート・ビア・ラグ / ビリー・ジョエル
ルパン'80 / 大野 雄二

ノクターンOp.9-2 / ショパン

ワルツOp.64-2 / ショパン

四手のためのピアノソナタニ長調 K.381より1楽章 / モーツァルト

ノクターンOp.9-1 / ショパン

エチュードOp.10-12 / ショパン

星に願いを / リー・ハーライン
魅惑の妖精 / ミッシャ・レヴィツキ

2つの詞曲 Op.32 / スクリャービン




終わってからの打ち上げは参加できずでしたが、やはりサークルの雰囲気やみんなとの交流、演奏したあとの充実感はいいなと久々に感じました。

企画運営のサークル管理人PoPoさん、裏方協力の皆様、素晴らしい時間を共有できたみなさん、ありがとうございましたm(_ _)m




人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス
www.sarapiano.com
-------------------------------♪

多治見が生んだスター

2011.02.28 Mon

今日は朝から岐阜県は多治見市へ。

多治見と言えば全国的に夏の気温が高いことで有名です。市内の気温が38℃を超えると”うながっぱ”と言うキャラクターがどこからともなく登場します!

毎年最高気温のニュースとともに話題にのぼるのが印象的なのです。



こちらの多治見市が生んだスターと言えば”うながっぱ”ともうおひとり、”ダイタクヤマト氏”と言うかたがおられましてとてもピアノがお上手なのです。その風貌からはピアノが弾けることが想像できないのですが、鍵盤に触れるとそれは素晴らしい音楽を奏でるのです。

そのD氏のお宅でピアノ仲間と楽しい時間を過ごそうと言うことでオフ会が開催されました。




その前に午前中は、そのD氏から以前ご紹介いただけたピアノお仲間のところへ。ピアノの調子がおもわしくないとのことで多治見に行くのに合わせ予定をとりました。


不具合個所をぱっとみて弾いてみたのですが、どうもよくわからない・・


ご本人にいつも弾いているように弾いてもらったら途中で鍵盤があがってこない。たしかにあがってこない・・


鍵盤を上まで戻して次の打鍵をすれば問題はおきないのですが、半分くらいで連打すると中のアクションがひっかかって音が出なくなる。

よくよく調べてみるとどうもバットのスキンがボロボロになっていてジャックと呼ばれる部品が戻るときにひっかかっている。

よく弾かれ摩耗したスキンの摩耗が原因でした。



実は前回調律時もこの症状があり対処したのですが、根本的な解決にはなっていなくまた発生してしまったと言うわけです。

なので今回はスキン自体を張り替えることにより対処しました。これを張り替えただけで他のアクションにも影響を及ぼすので調整したりしなければならないのですが問題は解決しました(^^


今回はほんとうに勉強になりました。このようなケースは普段の調律作業だけではわからないことに気付かされます。

普段そのピアノを弾いている人の意見は大事です。自分本意で作業だけしておしまいではなくコミュニケ―ションを通しそれをあきらかにすることが重要だと思っています。




お昼は虎渓山にある”かま濃”と言ううどん屋さんへ。

無事みなと合流することができました。おなかをたらふくにしました。。


ピアノ仲間との楽しい時間はあっと言う間です。時間がなくなるといけないので早々に切り上げ今回主催のダイタクヤマト氏のお宅へ。


D氏のピアノは先月調律のほうで伺いなんとピアノ線が4本も切れていたので張り替えしたばかりなのです。

ピアノの弦は一度張り替えをするとすぐに狂ってきてしまうため頻繁に音を合わせてやらないといけなくなります。張られた弦が延びてなじむまでに時間がかかるのです。同時に環境による変化にも少しずつ慣れていきます。


弦が切れるのはよく弾かれたことによる消耗が原因なのですが、それだけよく弾かれていると言うことは幸せなピアノなのです。

今回も張り替えてから少し時間が経っていたのでびよんびよんの音になっていました。弾きあい会の前にささっと調整しました。



ヤマト氏(注・省略)のピアノルームにはとにかく楽譜がたくさんあり、中には珍しいものがあちこちに散乱しています。正直あまり整頓されていないのですがそれがまた芸術家っぽかったりします(笑

楽譜の多さだけでなくご本人も実に様々なレパートリーを持っています。初見も早いのでこれ弾いてと言うとパッと弾けてしまうのもすごいです!



合間に休憩を挟みながらやんややんやしてると、ケーキやお菓子が登場。ご家族がケーキ屋さんをされているとのことで特別にごちそうになりました。もちもちふわふわのシュフォンケーキ!! うまい! ファンになりました!☆☆☆

多治見に寄った際にはぜひ立ち寄りたいです(^^


> http://www.to-no.com/s/mothergoose/


オフ会のお菓子たち
オフ会のお菓子たち posted by (C)sarapiano


そして参加者のしんちろさんが焼いてくれたケーキも美味しかったです!

あとはピアノのとても上手な多治見のSさんが持ち寄ってくださった”うながっぱ”のお菓子もかわいくておいしかった!


今回はピアノを弾いていたりしたらすぐに時間が過ぎてしまいましたが次回は多治見観光もしたいですね♪




人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス
www.sarapiano.com
-------------------------------♪

三河で練習会

2011.02.20 Sun

先日は久々に岡崎音楽会のメンバーとの練習会に参加。


場所は幸田町の町民会館。なんとホールを貸し切っての会でした。

舞台にはヤマハCFⅢがっ



午前中はみんなでラグーナ蒲郡にて開催されていたトリックアート展に行っていたとのことで、都合悪く行けなかった私は午後の練習会から参戦。

最寄りの幸田町のホールが運よく取れたとのことでありがたく弾かせていただきました♪



隣の大ホールは人がたくさんでなんだか騒がしい様子。どうやら吉本新喜劇がきてたらしくにぎわってました。

貼ってあったポスターみたらけっこうなビッグネームが。

こっちはこっちで気になりましたがもちろん練習会が楽しくてそれどころではなかったです。



岡崎音楽会のメンバーさんはみなさんとてもフランクで接しやすいかたばかりなのでノビノビとピアノ弾けます。

せっかくのホールなので、弾きなれているようなレパートリーをホール内に響きわたる音に耳をすませながら楽しみました。

私には軽すぎる鍵盤でしたが弾きやすかったです。



この音楽会、ピアノだけかと言うとそうでもなく管楽器や弦楽器などなんでもありでアンサンブルなどをするのが持ち味です。

みなが知っているような曲を様々な楽器で自由に合わせたりするのがなんとも楽しい。

こちらのほうにはなかなか参加できてなかったですがまた時間を見つけて参加したい練習会です♪♪




人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス

www.sarapiano.com
-------------------------------♪