FC2ブログ

Facebook Page

スポンサードリンク

Home>音楽(カテゴリ)  TotalPages3 next

音の違い考察

2019.02.26 Tue

昨日調律へお伺いした保育園、今回で3年目だけれど気になる事がある。

市内の保育所をまわって何台かやるなかで、かたや音があまり鳴らない、ピン味は普通、モコモコな音、かたや音が鳴りまくり、渋滞ピン、派手な音のグランドピアノがある。

2台とも同じヤマハのG2Eで納入時期は同じ。
しかも建物のかたちまで一緒で置いてある場所も一緒、メンテナンスをしてきた時期も一緒で調律師も一緒(計10人くらいは関わっているけれど毎年それぞれ同じ調律師)

なのに明らかに2台は別物のピアノになってしまっている。
ここまでくると元々の個体差が大きいのだろうけど、精密にピアノを造る事にかけて世界一のヤマハの工場で作られたものであっても違いが出てしまっている。それが年数経つとこうも差が出てくるのかと興味深いものがありました。

これまで違う条件に置かれている同じ機種を比べることは多々ありましたが、同じ条件下での比較はなかったと思うのでよい経験となりました。


最近調律師の映画や漫画、テレビのドキュメンタリーなどで一般的にも調律師の存在が一般的になったからなのか公共の施設で調律していると声をかけられる事が増えた気がします。
昨日も年配の男性のお掃除にきていたかたに映画で見たけど調律の仕事を見たのは初めてだと話しかけられました。
全国で何人いるのか?とか聞かれて、想定外の質問に答えられなかったです…

だいたい3.4千人くらいみたいですが、もっと多いと思ってました。調律学んだ事あると言う人を含めると1万人は超えそうですが、そのなかで毎日のように活動したいるのは1千人くらいなのかなと思います。

どんな業界でもそうですが、メディアの影響でこの職業はこうだと形作られるところはありますが、私自身はこれまで紹介されてきたどの調律師の姿も理想とは思っていないです。それぞれが追い求める形があってよいと思うし自分自身が納得するのが一番だと思います。


さて音の違いの話に戻るのですが、最近録音について考えさせられる事が多々あります。

特にアコースティックの音を録音して聴く事に限界を感じられずにはいられません。

時にはまったく別物と感じるときもあり、録音だけで判断してしまうのは違うなと感じてます。

近年の電子系の音や元々電気を使っているものは相性としては良いので再現性は高そうですが、それでもライヴとは全然違うと言わざるを得ません。

どんな機材で聞くのかが重要と思いますがそれによって大きく左右されてしまいます。

前に真空管アンプでグールドのベートーヴェンを聴いたときにその音の厚みに驚いたのを覚えてます。
最近はLPでも聴くようにしているのですが、やはり当然ながら生演奏が一番です。

なので一度生演奏を聴いてしまえばその記憶を頼りにCDなども効果的に聴く事ができます。この環境だとこう聴こえるけどほんとはこういう感じだよね、と言うふうに。

その意味では録音は怖いと言うか、それだけを聞いて判断されてしまう危険性があると言う事です。

録音映えする演奏とそうでない演奏があると思っていて、例えば録音で評価されやすいのは演奏の解釈が音符上でハッキリとしたものであったり演奏自体が個性的な演奏、極端な例ではグレングールドとかランランとかわかりやすく言えばインパクトのあるもの。

逆に伝わりにくいのは音色の美しさに重きを置いた演奏などであって、その重要な要素である倍音が録音で伝わらないとどこかスケールの小さな演奏と感じてしまう。
これらの演奏は生演奏を聴かないと良さが伝わりにくい。

有名どころではエフゲニーキーシンがそれにあたると思っていて、あのコンサートでの聴衆の熱狂的なまでの興奮を与える要素がCDでは伝わってこない。
録音だとなにか整然としたたわいもない演奏に聴こえるのは私だけだろうか?

以前にキーシンが好きでコンサートも毎回行っていると言うかたとお話したときにその話をしたら自分とは意見が違っていた。
それは再生装置がよいからなのか、コンサートへ行っているのでCDで聴いたときも脳内で増幅されて聴いているのでは?と思ったのですが…

いずれにしてもたしかな耳がないのにCDの録音やましてやyoutubeなどでクラシックの演奏を判断してしまうのは危険だなと感じます。

私自身も録音でこの人は実際にはこんなものかな、とか足し算引き算して聴いたりしてますが完全に判断できるわけではないのでなるべく生演奏やいろいろなホールでの響きの経験を増やしていきたいと思ってます。


スポンサーサイト



気持ちが落ち着いて・・

2010.03.19 Fri

天気が落ち着かない日が続きますが、気持ちは落ち着いてきました。

プレイベートで縁のある精神科の先生にお会いしていろいろとお話をしてきて、最近放出していたエネルギーが復活です。



仕事も落ち着いてきていて、先日はホールのピアノの保守点検を見させていただく機会をいただきました。

初めてではないですが、今回は素晴らしい技術を持ったかたのそばで作業を見ることができ実になりました。

技術的にはまだまだ勉強することはたくさんあります。少しずつ確実にできることを増やしていきたいです。


Image021_20100318234106.jpg



最近ふぢやさんの作ってくれた発表会のDVDを見てるのですが、なんとも恥ずかしかったです。

自分の動いてる姿、弾いてる姿、ああ こんなんなんだと・・


演奏はまあ、まだまだなんですが、聴きやすいところもありよかったです。

しかし自分の姿などを見るとう~んと言う感じです。もっと自分を磨かないと、と思います。


なんだか恥ずかしいけど、自分のことを客観的に見ることは大事なことですね。



そのうちネット動画ピアノコンクールなんかに参加してみてもおもしろそうです。

http://www.piacon.net/prize2009_1.html


音楽のある生活はいいなと最近改めて思います♪



最後に、こないだ仕事でおじゃました岐阜加子母村の画像です。

Image032 (2)


Image036 (3)




人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス

www.sarapiano.com
-------------------------------♪



http://kamogawa.mag2.com/editor/pub-form/wide_gl_left_top.gif) no-repeat left top;">
http://kamogawa.mag2.com/editor/pub-form/wide_gl_right_top.gif) no-repeat right top;">
http://kamogawa.mag2.com/editor/pub-form/wide_gl_tit.gif) no-repeat left top; font-size:10px;">メルマガ購読・解除

http://kamogawa.mag2.com/editor/pub-form/wide_gl_bg.gif) repeat-x; text-align:center; font-size:12px;">

読者購読規約



http://kamogawa.mag2.com/editor/pub-form/wide_gl_left_bot.gif) no-repeat left top;">
http://kamogawa.mag2.com/editor/pub-form/wide_gl_right_bot.gif) no-repeat right top;">
 



ファミリー合わせ / 名駅にて 09/5月14日の日記

2009.05.15 Fri

午前からうみそらサロンへ。

うみそらファミリーの合わせ練習。17日の本番に向けて最終打ち合わせ。

通し練習してトランペットも初めて合わせれた。



うみそらファミリー ライブ in ヘリテイジ

start 16:00  

18:00 終演予定


出演:shino&kuri / しんちろ /sara

ヘリテイジ >http://www.doko.jp/search/shop.do?sc=30375929


愛知県西加茂郡三好町大字三好字東荒田51


大きな地図で見る



お昼ご飯はsoraさんがご馳走を用意してくださった。
しんちろさんもおかずを持ち寄ってきてくれ豪華なランチだった。

soraさんありがとう!


満腹になったところで気合い入れなおして再度気になるところを中心に練習。

いい練習できたしなにより楽しかった。
合わせるのはなんかいいです。


時間になり名駅へ移動。

定番のナナちゃん人形のところで待っていたらさと仲間おふたりさんと合流。
ふたりとも少し大人びてた。あれから時間経ってるしね。

自分もそれだけおっさんになった言うことだね。

それぞれがんばってる様子。


遅れて元ふくてんも登場。 変わってなかったけど当時より余裕ありそうで元気そうだった。


駅から歩いてすぐの大仏ころころへ。


だいぶつころころ名古屋


久々にきてなかなかいい雰囲気で楽しめた。

昔のバイト時代の話で盛り上がった。 ほんとに大変な店だったけど、苦労をともにした仲間はいいね。

みんな電車の時間や次の日の予定もあり早々に切り上げ。

みんな元気そうで良かった。

男の音楽会 09/5月6日の日記

2009.05.07 Thu

昼前にマノンへ。

店内に入ったらいつもとは違うメンバーでびっくり。
魚さんとうみにんさんがきてました。

shinoさん優雅に演奏されていて気分よくなりおしゃべりできました。たくさんの曲弾いていて好きな曲も何曲か聴けて良かった♪

soraさんもご機嫌な感じで楽しかった。

途中弾かせてもらい、しんちろさんのギター、大逆転くんのボーカル、魚さんのピアノソロ、うみにんさんのクラリネットなどバラエティー豊かな音を聴けた。

特にクラリネットはマノンのお店の暖かい雰囲気にピッタリでいい時間過ごせました。

おいしいランチをいただき、お店をあとにして便乗して昭和区のうみそらサロンへ。

クラリネットとピアノ、即席バイオリン、トランペットで楽しんだ。

男ばかりで音楽を楽しみ、こういうのもいいなと思った。
お留守番ユーネちゃんはマンガ家になっていたので男の練習会でした♪

魚さんの企画してくれたショパンエチュード練習会のクジをひいて参加決定。

躊躇してたけど、気楽にでとの優しいお言葉で弾けないのに参戦です。

楽しい時間はあっという間でサロンは次の予約も入っているとのことで早々に帰宅。

ぽんたさんも友人と楽しい一日が過ごせたようで良かった。


世間的にはGWも終わりで明日からは通常に戻る。

明日からまたガンバロー

うみそらファミリー活動/発表会前日 09/2月21日の日記

2009.02.22 Sun

大工の棟梁&録音技師のKさん宅へ。

早くに到着し調律作業。
前回やったときに間があいていたので狂いも生じていて気になるところを中心に音合わせ。

Kさんのお母さんが80歳になられたとのことでうみそらファミリーによるお祝いコンサートをお願いしてくださいました。

うみそらファミリーにとっても初めてとなるイベント。いいスタートとなりました。

今回はファミリーとして自分も演奏しました。移動して環境が変わったためか鳴りの悪かったピアノも徐々に鳴りはじめ気持ちよく弾くことできました。

シノクリ、しんちろさんの心のこもった演奏も聴いていただきしまいにはKさんまで弾きだし、ご両親、息子さんに喜んでいただきました。
息子さん古楽器を弾かれるそうなのでまた聴いてみたいと思い楽しいお話できました。

画像-0175

画像-0178

画像-0180

画像-0182

画像-0184

画像-0188

ホールケーキの大きさはなんと50センチ超はありました!

すごい!Kさん!

デビューイベント大成功に終わりKさん宅をあとにし鳴海の駅へ。
工事やら渋滞やらでたいした距離でもないのに時間を浪費。

いつも遅めの大逆転くん時間どおりにきて待たせてしまいました。

無事合流し中川文化小劇場へ。

入場無料の小劇場コンサート。
今回は前半フルートが中心のプログラムでした。尺八のような音や現代曲も演奏され最後は歌と合わせてのシェラザード。
毎回無料とは思えないほどのボリュームです。


後半はショパンプレリュードだったので聴いていると間に合わなくなると判断し残念ながらホールをあとに。

久々の大逆転くんとしゃべりながらうみそらサロンへ。
サロンではsoraさんが温かくお出迎えしてくれ夜の準備に追われていました。
サロンの中も一段と広くなりゆったりできました。

明日の発表会の曲を弾いたりして過ごして時間になり千種文化小劇場へ。
ピアノを本番のように出してもらい調律開始。

しんちろさんにも最後弾いてもらい客席から音を確認。このホールは特殊で、座る位置により音の聞こえかたが全く違うけどCFよく鳴っていました。

みんなこの日のために練習してくるので今回は調律できて良かったです。
明日も少し時間もらってるので手直しします。
感謝です。


サロンへ戻りシノクリと再び合流。大分県からこられたくりちゃんのお知り合いYさんを迎えてのピアノ弾き会。

お宅にベーゼンドルファーがあり練習されているとのことで倍音の出しかたが素晴らしく、深みのある音色を聴かせていただきました。

ベーゼンドルファーのことやクラシックについてもお詳しくお話していて楽しかった。

弾かれる曲の好みも自分と似ていて聴いていて参考になったりし楽しめました。
いつまでも弾けそうな雰囲気でしたがさすがにサロンも限界の時間がきてお開きに。

明日に備えていい練習、そしてリラックスして楽しい時間を過ごせました。