Facebook Page

Home>イベント(カテゴリ)  TotalPages5 next

尾張津島天王祭り 秋祭り2016

2016.10.03 Mon

津島天王祭りの秋祭りへ久しぶりに行ってきました。
お昼頃津島駅に10台ほどの山車が勢ぞろい。
そこから津島神社へ向かい奉納するため天王通りを練り歩きます。

船が出る夏祭りのが知られていて有名ですが秋祭りのほうも迫力あり見応えあります。

船の出る夏祭りは室町時代から500年の歴史を持ち信長が見ていたと言う歴史のあるもの。それが継承されてきて津島と言えばこのお祭りと言うくらい大きな存在です。

津島天王祭りの影響を受けて始まったお祭りが各地にあるようです。半田や常滑、名古屋、一宮や三好などに同じような山車と巻藁船のお祭りがあるとの事です。

全国各地で行われる天王祭りは牛頭天王を祀るお祭りで京都の祇園祭りもそのひとつ。
全国の天王社の総本山が津島神社と言う事でその力は絶大なものがあったようです。

尾張一豊かな町として知られ織田家の経済的基盤となり栄えた時代もありました。尾張名古屋の経済文化の中心地だったのが時代の流れと共に衰退し今に至ります。
紡績業が衰退し戦後西三河の車産業の発展と共に重工業を誘致できずに更に衰退、愛知県の経済の中心は東へ移り、人口も増えずに落ち着いた静かな地域です。トヨタが自動織機から始まった事を思えば皮肉なものです。
私も以前は名古屋より西の事は知らずで、今でもほとんどの愛知県人はそういった認識かと思います。

そんな事は知らずに移り住みましたが、今住んでいるところも名古屋熱田から三重桑名まで結ぶ佐屋街道の最も大きな宿、佐屋宿があった地域で歴史があり、古い地域なので周りとのお付き合いがなかなか大変です。今年度は大班長の役をしているので(移り住み2年で運悪くまわってきた)更に難儀しています。。

秋祭りはしばらくご無沙汰でしたがやはり豪勢なお祭りだと思いました。こちらへ縁ができた頃初めて見た時はその壮麗さに心震えました。

それまではお祭りと言えば子ども会のお獅子をやるくらいで、本格的な日本のお祭りを見たことがなかったのでこのような伝統的なお祭りが残っている事に驚きました。
住んでいる人からすれば当たり前なのかもしれないですが外部から見ると大規模なお祭りが未だに行われている事にびっくりしたものです。

それがあまり知られていないのがこれまた驚きなんですが、これから年々注目度は上がっていくのだと思ってます。
夏祭りと合わせ京都の祇園祭りのような価値を感じる日本の伝統行事です。

ユネスコの無形民俗文化財に登録などになれば人が押し寄せそうで、今のうちに見ておいたほうが良いお祭りだと思います。

人が増えても対応できるキャパシティがないのが問題ですが… 今日の駅前の行事もろくに見る場所もなくこれ以上増えるとパンクしそうです。

子どもたちは太鼓や鳴り物がうるさいとか言ってましたが一緒に見れて良かったです。太鼓好きのふーちゃんに見せたかったので、耳に残っていると良いなとの思いです^ ^




スポンサーサイト

夏休みイベント~ピアノ構造の講義

2016.08.25 Thu

大府市の福祉施設さわやか愛知さんで夏休みイベントこども大学の講師として

ピアノ大解剖~ピアノを分解するんだって!?
をおこなってきました。

今回で2回目ですが予想に反して大きな子が多く大学生2人と高校生1人、小学生1人の参加者の前で講義してきました。

ピアノの歴史から始まり実機とアクションモデルを使ってのピアノ構造のお話。調律体験をしてもらい最後はピアノパーツを使ったお土産作りをしてもらいました。

大学生おふたりは保育科の生徒さんでしたので必須であるピアノへの理解を深めてもらおうと少し突っ込んで説明したりしました。小学生の子には少し難しかったかも?!

それでもみんな素直な子達で真剣に聞いてくれました。
人前でのしゃべりは慣れていないところもありますが、講義などはけっこう好きなほうなので回を重ねて形にしていきたいです。

あれやこれや用意しておけば良かったと思う事も多々ありましたが、次回に活かして更に良いものにしていきたいです。

自分では写真が撮れなかったのでまたさわやかさんのホームページ等に写真あがったら様子を載せたいと思います。

家族で行ってこどもたちにもパパの頑張っているところを少しは見せられたかなと思います。

普段とは違う事をして充実感ありました。
ありがとうございます。



幼稚園発表会

2015.02.24 Tue

ゆうま年少組の生活発表会が幼稚園であり見に行ってきました。

家では歌ったり踊ったりしてなかったのでほんとにできるんかいなと思ってましたが、本番は一番体のキレが良く掛け声も元気よく披露してくれました。

終了後のインタビューも大声で一番元気でした。いわゆる張り上げ声で何言ってるか聞こえない感じでしたが笑

飛行機の運転手になりたいと言ってました。運転手の部分がまだ言えず、中にはバスの運転手の言っていた男の子もいたので言葉はまだこれからだなぁと言う感じです。

ライダーやトッキュージャーになりたいと言う子が多かったですが、流されずに良く言えたなとそこは感心。


しかし全員合唱ではひとりだけよそ向いて下向いたりで唄ってるのかなんなのかよくわからずでした。

私に似て興味があるものとないものとでハッキリしているタイプかな。

毎朝行きたくないと言ったり私に似てる部分あるから集団生活大丈夫だろうかと入園当初から心配してましたが元気よくやっている姿を見てほんとうに嬉しかったです。

幼稚園の発表会も今では園によっていろんな形のものが行われるようになってきました。うちの息子の園は昔ながらのスタイル、オーソドックスな歌や劇です。

調律先の幼稚園ではあまり衣装や形を決めずにアドリブ重視で行うところもあります。その自主性を重視するスタイルでは園児はとても楽しく演じていました。

教えられたことを精確に行うことを重視され暗記や覚える事のウエイトが大きい現代日本ですが、これからは想像力や考える力がもっと必要になってくるのではと思ってます。

とあるベテランピアノの先生が、子どもに対して本を読むばかりでなくストーリーを自分で作れるように質問を投げかけて話を引き出すとおっしゃっていました。

私自身がクリエィティヴな事をできるタイプでなくそういった教育を特別受けてきたわけでもないので我が子にどうしたらいいのかよくわからないですが、自分の成長も含めて接していけたらと思ってます。


戌の日

2010.04.20 Tue

久しぶりによく晴れた日曜は津島神社へ安産祈願へ行ってきました。

腹帯の日と言うのでしょうか?
そろそろお腹も出てきて帯をまかないと、と言うことらしいです。


うちのおかんも岡崎から出てきてランチを佐屋にあるかにの華でいただきました。

>かにの華 HP http://www.kaninohana.com/main.html


前から気になっていたところでしたが、期待どおりおいしかったです。

この蟹料理屋さん、街からは離れた田んぼの中にあり、よほど美味しくないとやってはいけないよなあと思っていたのですがなるほどと言う感想です。

Image001.jpg

Image002_20100419005142.jpg



お店から出たら前の道がとても混んでいて、どうやら木曽三川公園のチューリップ祭の渋滞らしい。

行ってみたかったけど断念しメインイベントの津島神社へ。

Image003_20100419005142.jpg

Image004_20100419005141.jpg

お宮参りや車払いなどのかたがたと混じり本殿の中で祈祷してもらいました。

神主さんの言葉を聞いていたら県外からのかたも多くびっくりでした。
里帰りしてきてるのかな。

儀式は順調に終えてあとは元気に産まれてくることを祈るのみです。




追記

夜は食べると目がぱっちりした子が産まれると言う言い伝えからぽんたさんのお母さんがあわびを用意してくれました。数年前福井で食べて以来のあわび。

Image005 (3)


でら美味しかった~



下の写真は津島神社でいただいた品。

DSC003082.jpg

DSC003102.jpg



人気ブログランキングへ
♪------------------------------

ピアノ調律

サラピアノチューニングオフィス

www.sarapiano.com
-------------------------------♪

桜を一緒に見たいです

2010.04.05 Mon

Image083.jpg

Image077.jpg

Image075.jpg

Image069.jpg

Image071_20100405020355.jpg

Image082_20100405020223.jpg




Image031_20100405015836.jpg

Image027_20100405015837.jpg

Image025_20100405015837.jpg

Image037_20100405015836.jpg

Image060_20100405015835.jpg

Image046_20100405020050.jpg

Image054_20100405020051.jpg

Image049_20100405020051.jpg

Image055_20100405015836.jpg

Image059_20100405020050.jpg



あなたに伝えたい。

この先たとえどうなったとしても変わらず私の記憶の中の大切な部分に在り続ける。

人は記憶の中で存在する限り存在するのだから。



桜のように散ることが運命ならばそれを受け入れよう。



しかし心は切なくてしょうがないのです。


桜を一緒に見たいです。