fc2ブログ

Music life

sarapiano 音楽を通して心豊かに生きる

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ピアノ調律師  更家雅之のブログ

ml3.jpg
スポンサーサイト




  1. ピアノ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

フランスのピアノ

今しかないと思い急遽新潟へ初上陸。

道中空いてて快適ドライブ。



目的はピアノの試弾。

東京の大野ピアノメソッドでフランスのピアノエラールを調律試弾させていただいてからすっかりその虜となってしまい、同時代のプレイエルとエラールと言うフランスのピアノを求める旅へ。


目的地の近くの三条市にエラールのフルコンサートがある事を目にして寄ってみることにした。地元の高校に眠っていたものを最近復活させたと言う話。YouTubeにあがってちょっとしたニュースになってました。

まちやまと言う図書館にあると言うので開館前に行ったら行列ができてた。なんだなんだと思い並んでる人に聞いたらピアノの演奏があるらしいとの事。






なんたるラッキー、まさか音が聴けるとは思ってもみなかった。しかもしばらくイベントで使うから図書館からはなくなるとの事。

すごいタイミングでこれた。不思議と行かなくてはと思ったのだから、勘が働いたのかもしれない。




3曲ほどピアニストさんが弾いてくださったのですが、出てくる音が素晴らしい。スタインウェイの要素を含みながらもフランスのエスプリが感じられる音色。
ここからスタインウェイへと進化していったことが伺いしれる現代ピアノの原点のような音。






司会をしてらしたのは復活請負人の声楽家の永桶さん。私がまじまじとピアノを見ていたので声をかけてくださいました。

お互いのエラールへの想いをお話して、名古屋からきたと言う事に驚きと感激していた様子。

前からフランスのピアノは気になっていましたがまさかこんなに早く出会いが訪れるとは思ってませんでしたが、そろそろいいタイミングだったのかもしれないです。


図書館まちやまでは地元の産業である刃物の展示があり奥のほうには調律師の紹介と道具の展示がありました!



技術を大切に思っているのが伝わり素晴らしい街だと感心。それだからこそ古いエラールのピアノを復活させようと言う動きが出てくるのだと、文化を大切に思う土壌大切だと改めて思わされました。






















--------------------------------------- M.saraie


  1. 演奏会・コンサート
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ベヒシュタインにてバス・コンサート

東京駅皇居の近くにあるベヒシュタインセントラムにておこなわれた渡部智也さんバス・コンサート。





ピアノ伴奏は吉永哲道先生、ベヒシュタインのコンサートグランドにて。

主張し過ぎない伴奏でありながらも存在感のある音色。現代のベヒシュタインの特製を活かして見事にオーケストラのような空間を作りだしていました。

今回ベヒシュタインを他でも聴く機会に恵まれ、年代や構造によってもいろいろと特徴がある事を実感しました。

フランツリストなども愛用していたやはり名門のメーカーと言う事が実感できこれからやりようによって日本でも伸びていくのではと感じています。



ここは旧松尾楽器のショールームだったのですが、その時よりもホールの内装などが変わり響きが良くなったと感じるとの事。



私は前の時にきたことがないのですが、ベヒシュタインにかわり、今は音楽やコンサートを大切に思っている事は伝わってきます。

前半はロシア歌曲。まさにおふたりの真骨頂。
派手さはないですが心に染み入る歌曲の数々を聴かせてくださいました。

後半はオペラ「モーツァルトとサリエリ」をテナーの前田啓光さんを加えて衣装もまさにオペラ仕様で聴かせてくださいました。

字幕もありとてもわかりやすかったです。
自分的に親しみやすいテーマのオペラであり唄声と共にストーリーも実に楽しめました。

声楽の魅力が伝わるコンサート、渡部智也さんと吉永哲道さんのコンサートは今年は愛知でも予定されています。

5月5日春日井Fantasie-Impromptuとなりますのでぜひご予約を!

その前には4月13日に吉永哲道先生のソロリサイタルも同じ会場にてあります。チャイコフスキーの四季を中心としたプログラムです。こちらも必聴です。














--------------------------------------- M.saraie

  1. 告知板
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

音楽の贈り物コンサート

西野純一ピアノリサイタル
~音楽の贈り物~




3月23日(土)14:00開演(13時半開場)
会場 SARA PIANO 徳川町サロン
入場料 2,000円 全席自由

第1部
ショパン:アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ 作品22
メンデルスゾーン:無言歌集より
作品19-1「甘い思い出」
作品30-1「瞑想」
ベートーベン:ピアノソナタ「悲愴」作品13

第2部
ウェーバー:舞踏への勧誘 作品65
チャイコフスキー:ドゥムカ(ロシアの農村風景) 作品59
ラヴェル:水の戯れ
ラヴェル:ソナチネ

弊社サロンにてピアニスト西野純一氏のピアノリサイタルをおこないます。
会場の徳川町サロンは名鉄瀬戸線森下駅より徒歩7分、基幹バス赤塚下車徒歩3分ほどです。

早ければ徳川園の桜が綺麗な時期です✨
ご予約お待ちしています。


--------------------------------------- M.saraie



  1. 演奏会・コンサート
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

2台ピアノデュオリサイタル

先日満員のなか行われた藤原直也さん、波田綾音さんの2台ピアノデュオリサイタル



共にヨーロッパにて音楽を学んでいるおふたりだけあり実力たるや確かなものがあります。




若さ溢れるエネルギーのなかそれぞれの個性が際立つ演奏で聴衆を魅了していました✨

多くを語るより演奏を聴いてもらうほうが良いです。
おふたりの2回目の演奏は3月2日リリオホール(知立)です。

直也さんは今度の土曜2月17日に臼井秀馬さんとの2台ピアノデュオでのコンサートが同じ会場Fantasie-Impromptuにておこなわれます。



若干お席あるようですのでお早めに








--------------------------------------- M.saraie


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Masayuki Saraie

Author:Masayuki Saraie
SARA PIANO

珈琲とピアノと猫をこよなく愛する

ピアノ調律師 更家雅之


楽器が求め、演奏者が求めるベストな状態へ

音の職人、更家雅之の日記や想い

ピアノや音楽、日常を通して出会う人たちとの 交流から日々考えさせられ思ったことを、日記を中心に更新中。


音楽はどんなジャンルでも大好きで聴くこと演奏することが趣味

音楽と歩んできた人生、辛い時、楽しい時、そばにはいつも音楽がありました。音楽によって救われた時期も。

そしてピアノを弾くと心が落ち着きます。

近年、調律や音楽が心に及ぼす影響を研究中。

音楽は心の世界への扉 、そして心そのもの。


ピアノ、音楽を通してこの時代に”心豊かに生きる”を実践しています。

>>ホームページ

オーダー

ピアノ調律修理依頼


メールフォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

閲覧者カウンター

現在の閲覧者数:

twitter

MY PAGE

ブログ内検索

Photo

ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 クラシックブログへ

QRコード

QR

本棚

ブックマーク

Yahoo!ブックマークに登録

rss

Add to Google

はてなRSSに追加

ランキング

  • seo

tool

じゃばら

北山村特産幻の柑橘

お気に入り

画像-00122

スポンサードリンク

スポンサードリンク

« 2024 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -